小田原市

「エネルギーの自給自足を考えよう」  ~小田原まちづくり学校 第1講座~

東日本大震災では、福島第一原発の事故等によりエネルギーの「地域自給」の重要性・必要性が明らかになりました。

 

これを受けて、本市としても地域資源を活用した再生可能エネルギーも含めた、自立型電源の普及促進、分散型電力供給システム(マイクログリッド)の導入等の検討をしていきます。

 

そこでまずは、今年度に新設した「小田原まちづくり学校」の第1講座を「エネルギーの自給自足を考えよう」と題して実施します。今後、再生可能エネルギーへの取り組みを進めるにあたってのスキームづくりにつなげていきます。 

飯田哲也氏と加藤市長との公開アドバイザリー

飯田哲也氏と加藤市長との公開アドバイザリー(7月14 日(木)小田原ラスカu-me サロン)


連続講座について

日程(3日間)

8月20 日(土)、21 日(日)、28 日(日)13:00~15:00

会場

小田原市役所議会全員協議会室(3階)

〒250-8555 小田原市荻窪300番地

テーマ(講座名)予定

8月20日(土)

「地域のエネルギー事業をどう作るか(先進事例紹介など)」
 ・民間(企業等)、自治体が行う取り組み事例など
 

8月21日(日)
「行政政策イノベーション」
 ・どのような政策を作るべきか
 

8月28日(日)
「金融と事業のメカニズム」
 ・事業を展開するための金融の仕組みなど

講師

NPO法人環境エネルギー政策研究所研究員

受講者

定員30人程度参加費無料
・スキームづくりに想定される団体・企業・市民
・事業構築に関わる意思(希望)のある市民など

※上記以外にも、テーマに興味のある方の傍聴は可能。

その他

・3 日間のうち1 日だけの参加でも構いません
・当日の受付となりますが、人数を把握させていただくため、事前に参加が決まっている方はご連絡をいただければ幸いです。

・各日の講座実施後に、当日の様子をホームページにて公開いたします。

※「小田原まちづくり学校」は、より高い学識と実践能力を養うための分野別講座を、それぞれのフィールドで活動している市民らに実施し、将来の小田原を担う人材を育成する新規事業です。

最終更新日:2011年11月24日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

企画部:企画政策課

電話番号:0465-33-1253


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.