小田原市

「We-MAP」合宿を行いました

戦略素案について若手職員らオープンな意見交換を行う

市は、平成27年1月8日(木)と1月9日(金)の2日間にわたり、小田原市サンサンヒルズにて合宿を行いました。本合宿には、庁内公募で集まった「We-MAP」チームメンバーとほか有志職員(29の所属から38名)が参加しました。

合宿は二部構成でした。第一部は、参加者の関係性の質を高めることを目的としたセッションを行いました。第二部は、今後検討を深めていきたいテーマの項目出し及び検討を深めていく際の視点をつかむことを目的としたセッションを行いました。

合宿会場と青空

合宿会場と青空


第一部の概要

組織の最大の可能性を描く

まず、参加者が2人1組になって互いのインタビューを行いました。そこで感じたことを小グループで共有することで、個人と組織に活力を与えているさまざまな要因「ポジティブコア」についてつかみました。

そして、職場で「ポジティブコア」が最大に発揮されている状態を、工作物や寸劇で表現する作業を通じて感じたことをふせんに書き出し、組織活性化に向けて私たちが実現したい姿、組織のありたい姿を共有しました。 

多くの共感を得たポジティブコアとして、「笑顔」、「目的の共有」、「認め合う」があげられました。

インタビューセッション

インタビューセッション

職場のポジティブコアを表現

職場のポジティブコアを表現

組織のありたい姿・未来像の共有

組織のありたい姿・未来像の共有


第二部の概要

戦略素案テーマ出しと検討するための視点についてつかむ

まず、各自が関心のあるテーマを出し合い、小グループに分かれてオープンな意見交換を行いました。テーマ、話し合いの概要、結論は模造紙にまとめて壁に貼り出し、全員で共有しました。その後、各参加者が今後検討を深めていくためにこの場で議論したいテーマに対して投票し、上位3つのテーマについては、全員で活発な意見交換を行いました。

全員で議論したテーマは、次のとおりです。

  1. 公共施設のあり方について
  2. 高齢者がいきいきと働くことのできるまちとは
  3. 子育て支援のあり方について
小グループでの意見交換

小グループでの意見交換

今後検討を深めたいテーマへの投票

今後検討を深めたいテーマへの投票

全員での意見交換

全員での意見交換


今後の予定について

合宿を通して共有した組織のありたい姿を、参加者が各職場に持ち帰り、実現していくことを目指します。

また、後期基本計画の戦略素案を作り上げるため、合宿でつかんだテーマ及び視点を基に検討を深めてまいります。

次回「We-MAP」会合は、平成27年2月3日(火)を予定しています。

最終更新日:2015年01月23日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

企画部:企画政策課 企画政策係

電話番号:0465-33-1253


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.