小田原市

犬の登録と狂犬病予防注射

狂犬病予防法により、生後91日以上の犬は、生涯1回の犬の登録と毎年1回の狂犬病予防注射が義務づけられています。 

1 犬の登録

犬の所有者は犬を取得した日(生後90日を経過した日)から30日以内に、犬の所在地である小田原市環境保護課に登録を申請してください。

  • 登録手数料は、3,000円です。

登録の際にお渡しする、鑑札は犬につけておかなければなりません。

この登録は集合注射を受ける時にもできます。

鑑札のつけ方一例  PDF形式 :344.1KB


2 狂犬病予防注射

生後91日以上の犬は、毎年4月〜6月に狂犬病予防注射を受け、犬の所在地である市環境保護課に届け出をしてください。

  • 注射済票交付手数料は、550円です。

注射済票も鑑札と一緒に犬につけておかなければなりません。

小田原市では、毎年4月、5月に集合注射を実施しています。

このほか、開業獣医師で注射を受けたときは、注射済証明書を犬の所在地である市環境保護課に提示して、注射済票の交付を受けてください。

3 登録事項の変更

犬が亡くなったときや、住所変更等が生じたときは、30日以内に犬の所在地である市環境保護課(0465-33-1484)まで届け出をしてください。

引越しをしたときは、鑑札と愛犬手帳を持って市内の場合は市環境保護課へ、市外の場合は転出先の市町村へ届け出をしてください。

小田原市へ転入された方へ

前住所地で犬の登録をしている時は、交付された鑑札と注射済票を持って、犬の所在地である市環境保護課に届け出てください。新しい鑑札を交付いたします。

  • 鑑札引換交付手数料は、1,600円です。 

4 鑑札・注射済票再交付

鑑札又は注射済票を破損したり、無くしてしまった場合は、市環境保護課で再交付の申請をしてください。

  • 鑑札再交付手数料は、1,600円です。
  • 注射済票再交付手数料は、340円です。
  • 市内転居、市内所有者変更、死亡届については、インターネット(電子申請)で届出することができます。 

最終更新日:2016年03月18日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

環境部:環境保護課

電話番号:0465-33-1481


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.