小田原市

ひとり親家庭等医療費助成事業について

小田原市では、ひとり親家庭等のかたが病気やけがで医療機関にかかったとき、保険診療で支払う医療費の自己負担額を助成しています。

1.対象となる方

(1)-1.ひとり親家庭の父または母とその児童

ひとり親とは、次のいずれかの児童を監護している父または母をいいます。

  • 父または母が死亡した児童
  • 父母が婚姻を解消した児童
  • 父または母が重度以上の障害の状態にある児童
  • 父または母の生死が不明な児童
  • 父または母が引き続き1年以上遺棄している児童
  • 父または母が法令により1年以上拘禁されている児童
  • 母が婚姻によらないで懐胎した児童

(1)-2.養育者家庭の養育者とその児童

養育者家庭の養育者とその児童とは、父母が死亡した児童及び父母が監護しない(1)-1のいずれかに該当する児童と同居、監護しており、生計を維持する人で、児童福祉法に規定する里親以外の人をいいます。

(2)年齢制限と所得制限

年齢制限 児童が満18歳以後の最初の3月31日まで
※一定の障がいのある児童又は高等学校在学中の児童を養育する父、母又は養育者は、当該児童が20歳未満の場合、対象となります。
所得制限
扶養親族等の数 申請者 配偶者・扶養義務者
0人
192万円未満
236万円未満
1人
230万円未満
274万円未満
2人
268万円未満
312万円未満
3人
306万円未満
350万円未満
4人
344万円未満
388万円未満

(注1)この表中の所得額は、給与所得控除後の額+父・母、または児童が受けとった養育費の80%の額です。(養育費の加算は請求者が父または母である場合)

(注2)扶養親族等の数が5人以上のときは、1人につき38万円を加算した額が限度額になります。

2.手続きについて

ひとり親家庭等の手当である児童扶養手当の請求と同様に、市役所2階12番窓口(子育て政策課手当・医療係)でのみ、お手続きを受け付けています。

3.医療機関でお支払いをした場合について

県外の医療機関で受診した場合や、県内の医療機関で医療証を提示せず、自己負担額をお支払いした場合は、「医療費等支給申請書」(医療費の払い戻し申請書)の太枠内に必要事項をご記入いただき、領収書を添付して窓口で申請してください。後日、市から申請書にご記入された口座に自己負担額が振り込まれます。 

医療費の払い戻し申請書  PDF形式 :122.5KB


医療費の払い戻し申請書  エクセル形式 :33KB


4.注意事項

申請者・振込口座は、児童の養育者(医療証発行の際の申請者)です。
領収書の返却をご希望の方は、申請書欄外にその旨お書きください。 

最終更新日:2014年05月15日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

子ども青少年部:子育て政策課

電話番号:0465-33-1874


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.