遺族基礎年金

国民年金加入中の被保険者などが死亡したとき、その方によって生計を維持されていた遺族に支給されます。

支給対象者

死亡した者によって生計を維持されていた
 
(1)子のある配偶者(事実婚関係を含む)
(2)子

上記(1)・(2)の「子」とは、親が死亡した当時婚姻をしていない次の者に限ります。
 
・18歳到達年度の末日(3月31日)を経過していない子
・20歳未満で障害年金の障害等級1級または2級に相当する障害を有する子

支給要件

被保険者または老齢基礎年金の受給資格期間が25年以上ある者が死亡したとき。(ただし死亡した者について、保険料納付済期間(保険料免除等期間を含む。)が加入期間の3分の2以上あること。)
 
ただし、平成38年(令和8年)3月31日までに死亡した場合は、死亡日に65歳未満であれば、特例として死亡日の属する月の前々月までの1年間の保険料を納付しなければならない期間のうちに、保険料の未納がなければ受けられます。

受給額(平成31年度)

780,100円+子の加算
 

子の加算額:第1子・第2子 各224,500円 第3子以降 各74,800円
 
※子が遺族基礎年金を受給する場合の加算は、第2子以降について行い、子1人当たりの年金額は、年金額を子の数で除した額になります。

子のある妻(夫)に支給される場合

子の数 受給額(年額)
1人のとき 1,004,600円 = 年金額780,100円+子の加算額224,500円
2人のとき 1,229,100円 = 年金額780,100円+子の加算額(224,500円+224,500円)
3人のとき 1,303,900円 = 年金額780,100円+子の加算額(224,500円+224,500円+74,800円)
4人以上 3人のときの額に1人につき74,800円を加算

子のみに支給される場合

子の数 受給額(年額)
1人のとき 780,100円
2人のとき 1,004,600円 = 年金額780,100円+子の加算額224,500円
3人のとき 1,079,400円 = 年金額780,100円+子の加算額(224,500円+74,800円)
4人以上 3人のときの額に1人につき74,800円を加算

最終更新日:2019年06月17日


この情報に関するお問い合わせ先

福祉健康部:保険課 国民年金係

電話番号:0465-33-1867


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.