公的年金等の受給者の源泉徴収票・扶養親族等申告書

公的年金等の源泉徴収票

厚生年金保険、国民年金等の老齢または退職を支給事由とする年金を受けとられた皆様に、前年分として支払われた年金の金額や源泉徴収された所得税額等をお知らせする『公的年金等の源泉徴収票』を、毎年1月末までに日本年金機構からお送りします。
『公的年金等の源泉徴収票』は、所得税および復興特別所得税の確定申告(住所地を管轄する税務署で受付)の際の添付書類等として必要となりますので大切に保管してください。

※退職共済年金及び企業年金受給者は、それぞれ加入の年金組合などにお問い合わせください。

源泉徴収票の再交付申請

「公的年金等の受給者の源泉徴収票」を紛失したり破損してしまった場合、ねんきんネッ(外部リンク・日本年金機構)、電話(ねんきんダイヤル・0570-05-1165)、小田原年金事務所(外部リンク・日本年金機構)窓口での再交付申請ができます。
詳しくは「源泉徴収票をなくしたとき」(外部リンク・日本年金機構)をご確認ください。

公的年金等の扶養親族等申告書

日本年金機構から、公的年金について源泉徴収の対象となる方へ、毎年9月より順次、当該年度分の「扶養親族等申告書」をお送りしています。

翌年2月以降に受給する年金から源泉徴収される所得税について、配偶者控除等、各種控除を受ける際に必要な申告書です。

対象は、公的年金について源泉徴収の対象となる方です。
源泉徴収の対象とならない方には、「扶養親族等申告書」をお送りしておりません。送られていない方は申告書を提出していただく必要はありません。

お手元に届きましたら、内容を確認し、各種控除に該当する方は、記載されている期限内の提出をお願いいたします。期限内に間に合わない場合でも、なるべく早く提出してください。

提出先

提出先: 〒119-0314(または 119-0315) 日本年金機構 中央年金センター 宛

※ 
この郵便番号は、扶養親族等申告書の提出専用となっております。この郵便番号で投函する場合は、送付先住所は記入不要です。

電子申請による手続き

「扶養親族等申告書」の提出は、電子申請でも手続可能です。
電子申請での手続をご希望される方は、電子政府の総合窓口「e-Gov(イーガブ)」より行ってください。

最終更新日:2019年11月21日


この情報に関するお問い合わせ先

福祉健康部:保険課 国民年金係

電話番号:0465-33-1867


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.