軽自動車税(種別割)の納税義務者と税率について

軽自動車税(種別割)の納税義務者

軽自動車税(種別割)※は、毎年4月1日現在に小田原市内を主たる定置場として、軽自動車等を所有している方に課税されます。
ただし、所有権留保付割賦販売の場合、売主が軽自動車等の所有権を留保しているため、買主を所有者とみなして課税します。

車両を廃棄処分した・譲り渡した・盗難にあったなどの場合でも、廃車や名義変更の手続きがされないと、引き続き車両を所有しているものとみなし、毎年課税されますので、手続きは確実に行ってください。

  • 令和元年(2019年)10月1日から、従来の軽自動車税は「軽自動車税(種別割)」に名称が変更されました。

軽自動車税(種別割)の手続きについて

  • 原動機付自転車(総排気量125cc以下・ミニカー)・小型特殊自動車(農耕用・フォークリフトなど)は「原動機付自転車等の手続きについて」をご覧ください。  
  • それ以外(四輪の軽自動車等)は「軽自動車などの手続き・お問い合わせ窓口」をご覧ください。

軽自動車などには次のような車両があります

  • 原動機付自転車(総排気量125cc以下・ミニカー)
  • 二輪の軽自動車(総排気量125cc超え250cc以下)
  • 二輪の小型自動車(総排気量250cc超え)
  • 小型特殊自動車(農耕用・フォークリフトなど)
  • 三輪・四輪以上の軽自動車

軽自動車税(種別割)の税率

原動機付自転車・二輪の軽自動車・二輪の小型自動車・小型特殊自動車

  • 原動機付自転車(総排気量50cc以下)
⇒ 2,000円

  • 原動機付自転車(総排気量50cc超え90cc以下)
⇒ 2,000円

  • 原動機付自転車(総排気量90cc超え125cc以下)
⇒ 2,400円

  • 原動機付自転車(三輪以上のもので総排気量20cc超え(ミニカー))
⇒ 3,700円

  • 二輪の軽自動車(総排気量125cc超え250cc以下)
⇒ 3,600円

  • 二輪の小型自動車(総排気量250cc超え)
⇒ 6,000円

  • 小型特殊自動車 農業作業用のもの(トラクターなど)
⇒ 2,400円

  • 小型特殊自動車 その他のもの(フォークリフトなど)
⇒ 5,900円

三輪・四輪以上の軽自動車

最初の新規検査を受けた(以下「新規登録」という)年月(自動車検査証の「初度検査年月」)によって、適用される税率が異なります。
※中古車を購入された場合でも、自動車検査証の「初度検査年月」で税率を判断します。購入日や自動車検査証の交付年月日ではありません。
(1)旧税率:平成27年3月31日以前に新規登録した車両が適用されます。ただし、平成28年度以後に、(3)重課税率に該当する場合があります。
(2)新税率(平成27年度から):平成27年4月1日以後に新規登録した車両が適用されます。ただし、グリーン化特例(軽課)による軽減税率が適用される場合があります。詳しくは、下記「三輪・四輪以上の軽自動車に係るグリーン化特例(軽課)について」をご確認ください。
(3)重課税率(平成28年度から):環境に配慮した税制を推進するため、新規登録した月から13年経過した車両が適用されます。ただし、自動車検査証に記載されている燃料の種類が、電気、天然ガス、メタノール、混合メタノール、ガソリンハイブリッドのものと被けん引車を除きます。
重課となる年度
<平成31年度課税において重課対象となる車両>
 自動車検査証に記載されている初度検査年月が「平成18年3月」以前の車両
<令和2年度課税において重課対象となる車両>
 自動車検査証に記載されている初度検査年月が「平成19年3月」以前の車両
<令和3年度課税において重課対象となる車両>
 自動車検査証に記載されている初度検査年月が「平成20年3月」以前の車両
  • 三輪の軽自動車
(1)旧税率:3,100円
(2)新税率:3,900円
(3)重課税率:4,600円

  • 四輪以上の軽自動車(乗用・営業用)
(1)旧税率:5,500円
(2)新税率:6,900円
(3)重課税率:8,200円

  • 四輪以上の軽自動車(乗用・自家用)
(1)旧税率:7,200円
(2)新税率:10,800円
(3)重課税率:12,900円

  • 四輪以上の軽自動車(貨物・営業用)
(1)旧税率:3,000円
(2)新税率:3,800円
(3)重課税率:4,500円

  • 四輪以上の軽自動車(貨物・自家用)
(1)旧税率:4,000円
(2)新税率:5,000円
(3)重課税率:6,000円

三輪・四輪以上の軽自動車に係るグリーン化特例(軽課)について

環境性能に優れた軽自動車の普及を促進するため、一定の環境性能を有する三輪以上の車両については、新規登録された日の翌年度分の軽自動車税(種別割)に限り、燃費性能に応じて税率を軽減する特例措置が適用されます。
軽課対象となる年度
<平成31年度課税において軽課対象となる車両>
 平成30年4月1日から平成31年3月31日までの間に新規登録された車両
<令和2年度課税において軽課対象となる車両>
 平成31年4月1日から令和2年3月31日までの間に新規登録された車両
<令和3年度課税において軽課対象となる車両>
 令和2年4月1日から令和3年3月31日までの間に新規登録された車両
  • 三輪の軽自動車
 軽課適用なし:3,900円
(1)1,000円
(2)2,000円
(3)3,000円

  • 四輪以上の軽自動車(乗用・営業用)
 軽課適用なし:6,900円
(1)1,800円
(2)3,500円
(3)5,200円

  • 四輪以上の軽自動車(乗用・自家用)
 軽課適用なし:10,800円
(1)2,700円
(2)5,400円
(3)8,100円

  • 四輪以上の軽自動車(貨物・営業用)
 軽課適用なし:3,800円
(1)1,000円
(2)1,900円
(3)2,900円

  • 四輪以上の軽自動車(貨物・自家用)
 軽課適用なし:5,000円
(1)1,300円
(2)2,500円
(3)3,800円

(1)電気軽自動車・天然ガス軽自動車(平成21年排出ガス規制10%以上低減又は平成30年排出ガス規制適合)
(2)乗用:令和2年度燃費基準+30%達成車
    貨物:平成27年度燃費基準+35%達成車
(3)乗用:令和2年度燃費基準+10%達成車((2)を除く)
    貨物:平成27年度燃費基準+15%達成車((2)を除く)

※(2)(3)については、いずれも平成17年排出ガス基準75%低減達成車又は平成30年排出ガス基準50%低減達成車(★★★★)に限ります。
※(2)(3)については、揮発油(ガソリン)を内燃機関の燃料とする軽自動車に限ります。
※各燃費基準の達成状況は、自動車検査証の備考欄に記載されています。

よくある質問と回答

最終更新日:2020年05月11日


この情報に関するお問い合わせ先

総務部:市税総務課 税制係

電話番号:0465-33-1341


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

住民税試算システム紹介ページへリンク

無尽蔵プロジェクト・ブログ

よくある質問

このページに関連する「よくある質問」はありません

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.