小田原市

がんばっている''下水道''~快適なくらしを支えるために

9月10日は下水道の日

○職員に聞く!下水道のアレコレ

9月10日は「下水道の日」です。
下水道が整備された区域では、私たちが使った水は、下水道へと流れていきます。
さて、その水はどうなっていくのでしょうか?また、現在下水道が抱えている問題とは?
今回は「下水道の日」にちなんで、下水道のアレコレについて小田原市下水道部の職員に聞いてみました。
 

🎤小田原市下水道職員に聞いてみました

質問1:使った水やトイレで流した水はどこに行くの?

回答1:各家庭の排水は、排水設備により、敷地のはしにある公共ますに集まります。そこから下水
    道管を経て、下水処理場へ送られています。下水処理場までは、水が低いところに流れる性
    質をつかって、自然に流れていくように工夫しています。

下水処理の仕組み

私たちがお風呂やトイレ、炊事、洗たくなどで使った水(汚水)は、地下の下水道管路を通って、酒匂川の両岸にある下水処理場に運ばれます。運ばれた水は最初沈殿池で大きなゴミを除去し、そのあとエアレーションタンク、最終沈殿池内で微生物の力を借りてきれいにしたあと、塩素混和池で消毒し、川に戻します。
その水は海で蒸発して雲を作り、雨になることで再び水道や井戸水として私たちが使う水となって戻ってきます。
下水道は汚れた水をきれいにする私たちの生活になくてはならない施設です。
汚水が川に戻るまで

小田原市の下水道施設

小田原市管路図
グレーで塗られているエリアは小田原市で下水処理が行われているエリアです。
黒い線は主要な下水道管路で、そこからさらに毛細血管状に下水道管路が伸びており、各家庭や事業場の汚水が流れ込んでいます。そして最終的に酒匂川の左岸・右岸にある下水処理場へと運ばれ、日夜休まず水処理が行われています。
小田原市にあるこの2つの処理場では、酒匂川流域の市町の汚水も処理しています。
小田原市内に整備されている下水道管路は約577kmあります。これは、箱根駅伝のコースを2往復して、さらに第1区から第7区の往路復路を平塚まで走る距離に相当します。

質問2:下水道を安心・安全に保つうえで困っていることはありますか?

回答2:古くなった下水道管が増えていく老朽化問題があります。

埋設後50年が経過する下水道管の推移

小田原市内に存在する下水道管は老朽化がどんどん進行しております。
昭和34年に整備が始まった小田原市の下水道。当時の下水道管には陶管という陶器でできた管が使用されていました。
50年以上経過した管路は老朽化が進み、振動や土の圧力などの影響で破損する恐れがあります。現在、この50年以上経過した老朽管は約40kmあり、10年後には約124kmとなり、今後、急激に増え続けていきます。
50年経過管

老朽化対策が必要

下水道管が古くなり破損すると、地下に空洞ができて道路陥没や、マンホールから汚水が溢れ出したりして、日常生活や社会活動に影響を及ぼす恐れがあります。
小田原市では、このような事例はまだありませんが、老朽化した下水道をより長く使えるように下水道施設の長寿命化を図り、維持修繕にかかる費用をできるだけ少なくするように考えています。
今後は、下水道施設をより一層適切に管理するため、下水道施設全体に関する情報や点検結果等を集めて、修繕の優先順位を決めたり、掛かるお金を低くおさえるための工夫をした「下水道ストックマネジメント計画」の策定を予定しております。

よみがえらせる工事(長寿命化工事)のようす

老朽化した下水道管内に新しい素材を貼り付け新しい管としてよみがえらせる工事をしています。道路を掘ることをしないため、工事に起因する騒音、振動、交通渋滞が周辺の住民生活への影響を最小限にでき、さらに要する費用を少なくしたり、工期が大幅に短縮できます。
下の図面は更生工事を施工している様子を表したものです。
更生工事
○更生工事の手順
1.管きょ内調査→2.管きょ内洗浄→3.支障物除去→4.更生材挿入→5.更生材反転→6.更生材硬化形成→7.管きょ内洗浄の手順で行われます。
※使用材料によって、若干手順の差異あります。
更生工事
更生工事施工前

更生工事を行う前の下水道管です。左横から公共ますにつながる取付管がとびだし、モルタルも付着しています。

更生工事施工後
更生工事施工後

更生工事を施工した下水道管です。


質問3:下水道の維持に使うお金はどうしているの?

回答3:主に下水道を使用するみなさんにお支払いただく下水道使用料を使っています。

下水道使用料の使い道

下水道事業で必要な資金は、下水道使用料、一般会計繰入金、借入金等で賄っています。
平成29年度予算の主な収入は、下水道使用料収入3,664,291千円、一般会計繰入金2,150,000千円、借入金2,422,300千円です。
<主な使い道>

主に維持管理のための費用(約55%)
6,766,772千円
(うち下水道使用料で賄うべき酒匂川流域下水道事業の維持管理負担金・下水道管・マンホールポンプなどの維持管理費用等は約40億円です。)

主に建設や借入金の返済のための支出(約45%)
5,613,471千円
(過去に下水道事業の財源として借りた借入金の元金の返済に使われます。)

その他

小田原市のマンホール

1
デザイン型マンホール

現在、市内に最も多く設置されているマンホールです。
酒匂川を籠やが渡す風景を描いた「酒匂川の渡し」が
デザインされたものです。

2
高機能型マンホール

幹線道路や坂道に多く設置されているマンホールです。
表面に突起を設け、滑り止め機能を向上させています。


3
汚水幹線マンホール(旧型)

小田原市下水道の大動脈である汚水幹線に設置されているマンホールです。
表面に「汚水幹線」の表示があります。

4
メダカ型マンホール

設置条件の制約により、一般のマンホールが設置できない場合に使用する小型マンホールです。
写真は「メダカ」がデザインされたものです。
 


点検作業の実施

点検

徒歩による点検作業

下水道部では、毎年徒歩により重要管路の点検を行っております。

徒歩により、点検することで微細な変化も見逃すことなく、破損等に対し事前に対応することが可能となります。


最終更新日:2017年08月31日


この情報に関するお問い合わせ先

下水道部:下水道総務課 業務係

電話番号:0465-33-1616


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.