麻しんにご注意!

麻しん患者数が増加しています(平成31年2月)

麻しんの報告数が平成30年12月から増加しています。
神奈川県でも、平成31年1月に報告されて以降、平成31年2月14日の時点で7件の報告があり、昨年1年間の報告件数を超えています。
麻しんは、空気感染、飛まつ感染、接触感染により感染し、その感染力は非常に強いといわれています。
一般的に、発症後1週間程度は強い感染力があります。麻しん予防には、予防接種が有効です。また、麻しんを疑う症状が現れた場合は、かかりつけ医にその旨を伝え、指示に従って医療機関を受診しましょう。

麻しんの症状とは

麻しんの典型的な症状としては、発熱、せき、鼻汁、眼の充血などがあり、追って発疹などが現れます。

海外渡航をご検討のかたへ

麻しんウイルスの感染経路は、空気感染、飛沫感染、接触感染で、ヒトからヒトへ感染し、その感染力は非常に強いと言われています。
麻しんは予防接種によって予防可能です。渡航を検討されているかたは、母子健康手帳などにより、予防接種歴を確認しましょう。

最終更新日:2019年02月21日


この情報に関するお問い合わせ先

福祉健康部:健康づくり課(保健センター) 成人保健係

電話番号:0465-47-0820


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.