小田原市

生活困窮者自立相談支援事業

生活困窮者自立支援制度

 平成27年4月1日から「生活困窮者自立支援法」施行に伴い、生活にお困りの方に対して、一人ひとりの状況に合わせた支援プランを作成し、専門の支援員が相談者に寄り添いながら、他の専門機関と連携して問題解決に向けた支援を行っています。

相談事例

・求職活動をしているが、なかなか定職が決まらず、家賃の支払いが難しい。
・離職機関が長期間となり、なかなか定職に就けない。
・債務等の支払いで、生活費の収支が自身で把握できない。
・年金収入と預貯金でひきこもりの子どもと生活しているが、預貯金が底を尽きそう。

相談・支援の流れ

  1. まずは、生活支援課自立支援係へご相談ください。抱えている悩みを相談員が伺います。
  2. 相談内容から適切な支援方法を判断し、他制度の窓口をご案内するか、問題解決に向けた支援計画を相談員と一緒に作成します。
  3. 支援計画に基づき、相談員と一緒に問題解決を目指します。

相談内容

住居確保給付金事業

 離職者であって就労能力及び就労意欲のある方のうち、住宅を喪失している方または喪失するおそれのある方を対象として有期で住宅費を支給するとともに、就労支援等を実施し、住宅及び就労機会の確保に向けた支援を行います。住宅費は3ヶ月を原則とし、世帯人数に応じて上限額があります。
・主な要件:65歳未満で離職後2年以内であり、世帯人数に応じた収入・資産要件に該当する方

子どもの学習支援事業

 生活にお困りの世帯の中学生等を対象に、学習の場の提供や居場所作りを行うことで、学習の習慣や社会性を育む支援を行います。

相談窓口・相談時間

小田原市荻窪300番地
小田原市役所2階15番窓口
福祉健康部生活支援課自立支援係 
平日:午前8時30分~午後5時15分

最終更新日:2017年12月04日


この情報に関するお問い合わせ先

福祉健康部:生活支援課

電話番号:0465-33-1463


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.