小田原市

小田原合戦と石垣山の史跡

小田原合戦

戦国時代、天下統一の動きは、織田信長から羽柴秀吉(豊臣秀吉)に受け継がれ、九州を平定した秀吉は、関東の北条氏を従わせようとしていました。


秀吉が小田原を攻めるきっかけとなったのは、真田氏の領地である上野(群馬県)・名胡桃城をめぐる事件でした。
 

秀吉はかねてから北条氏の上洛を促していましたが、北条氏は上野・沼田領問題が解決していないことを理由に応じませんでした。そこで、秀吉は沼田の3分の2を北条氏に、名胡桃城を含む3分の1を真田氏とする裁定を下し、氏政・氏直父子のどちらかの上洛を約束させました。

一夜城から小田原城を望む
石垣山一夜城からの眺め

しかし、これが果たされないうちに、北条氏側の武将が名胡桃城を攻撃したため、秀吉は北条氏に対して宣戦布告を行ったのでした。「北条事、近年公儀を蔑み上洛する能わず殊に関東において雅意にまかせ狼藉の条、是非に及ばず。」秀吉は激しい調子の宣戦布告状を氏直に送り、天正18年(1590)3月、全国の諸将率いる約18万の大軍で陸海から小田原攻めを開始しました。これに対し北条氏は、約5万の兵を置き籠城戦法で対抗しました。秀吉は、早川の石垣山に城を築き長期戦に備えましたが、7月5日ついに氏直は降伏し、7月9日に城が明け渡されました。
 

この小田原合戦において秀吉は、千利休に命じて江之浦の大野五郎兵衛の屋敷内に数寄屋を造らせ茶の湯を点てるなど武将らの労をねぎらい、この数寄屋は後に天正庵と言われるようになったと伝承されています。

 

この戦いの責任をとり、城主氏直の父4代北条氏政とその弟の八王子城主氏照は切腹させられ、徳川家康と外戚関係にあった氏直は高野山(和歌山県)に追放されました。

小田原合戦攻防図

最終更新日:2012年03月13日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

経済部:観光課

電話番号:0465-33-1521


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

よくある質問

このページに関連する「よくある質問」はありません

よく閲覧されるページ

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.