小田原市

ウォーキングコース

荻窪用水散策コース

日本の農業を支えてきた代表的な用水である荻窪用水(平成18年に全国疎水百選に選定)のルートをたどりながら、江戸時代に用水工事にかかわった人々の偉業を知り、水、土、里の大切さを考えるコースです。

ウォーカーのみなさまへ

一部通行困難な場所があるため、「入生田コース(入生田~風祭間)」は閉鎖しました

風祭駅スタートの「風祭コース」をご利用ください。

所要時間/距離

風祭コース:1時間50分/6.7km

風祭コース

箱根登山鉄道風祭駅 → 萬松院へ

〜萬松院 → 山懸水道水源池 → 板橋用水取水口 → 煙硝蔵堰取入口 → または狩俣隧道入口 → 荻窪用水溜池跡 → 日透上人墓 → 水車小屋 → 市方神社 → めだかの学校 → 小田原駅西口
 

※足元が悪い箇所が多いのでご注意ください。

コースマップはこちら  PDF形式 :5.5MB


荻窪用水 山縣水道水源池付近の開渠

荻窪用水 山縣水道水源池付近の開渠


コース内の主な観光スポット

荻窪用水

荻窪用水は、江戸時代(工事開始は寛政9(1797)年に小田原藩の水田事業として開かれました。箱根町塔之沢付近で早川の水をせき止め、そこから山間を抜け、荻窪へとつながる全長10.3kmの用水路です。ところどころに隊道や開渠が見られます。

水車小屋

明治13(1880)年には、荻窪用水を利用した水車小屋は19軒ありましたが、現在はこの水車が現存するだけです。以前は米つきを行っていました。

めだかの学校

童謡「めだかの学校」は、童話作家茶木滋(ちゃきしげる)の作詞です。昭和25(1950)年にNHKから依頼を受けて、息子と芋の買い出しの途中、荻窪の小川付近で交わした会話を基にして作ったといわれています。

めだかの学校

めだかの学校


最終更新日:2015年09月18日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

経済部:観光課

電話番号:0465-33-1521


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.