小田原市

小田原市の公共基準点

基準点とは

基準点とは、地球上の位置や海面から高さが正確に測定された電子基準点、三角点、水準点等から構成され、地図作成や各種測量の基準となるものです。

これらの基準点は、すべての測量の基礎として、公共測量、地籍測量、地殻変動観測等に使用されます。

また、都市計画、都市基盤整備、電力・ガスの事業計画や管理、観光開発、交通網の整備、環境管理、福祉計画等に必要な地図作成に基準点が使用されます。

土地の境界を測るために基としている点になり、震災の復旧やまちづくりなどに活用される大事な点です。

小田原市基準点設置の概要

昭和57~59年に日本測地系にて公共基準点整備を行いました。

その後、平成14年4月1日施行の測量法改正に対応すべく、平成15年度より世界測地系(測地成果2000)で公共基準点の整備を行いました。また、東北地方太平洋沖地震による影響について点検し、世界測地系(測地成果2011)へ修正を行い、概ね完了しております。

平成27年3月末時点 基準点設置状況

  1. 公共基準点(市内全域に配点)
    ・1級基準点 49点
    ・2級基準点 107点
    ・3級基準点 222点
    ・4級基準点 51点
  2. 街区基準点(DID地域内に配点)
    約 7,700点
  3. 地籍図根点(地籍調査実施地域内に配点)
    約 5,000点

本市では、工事等で基準点を亡失させた場合は、原因者負担による復旧測量を規定しております。工事等で亡失する恐れがある場合は、事前に土木管理課までご相談ください。また、結果として亡失した場合にも報告をお願い致します。

小田原市測量標に関する規則について

測量法改正について…

日本ではこれまで日本独自の測量成果を用いて独自の測量系(日本測地系)を構築し、地図の作成等を行ってきました。
しかし近年、GPS(Global Positioning System):全地球測位システム-の発達等に伴い、世界統一の測量系(世界測地系)を用いる必要性が生じてきました。

公共基準点の使用について

公共基準点の使用には、申請が必要になります。

申請は、市役所本庁舎5階土木管理課地籍調査係の窓口(5階黄色通路 窓口番号10)までお越しください。

  • 東日本大震災以降、測地成果2000を参考として発行していましたが、測地成果2011への変換が概ね完了したため、
    平成27年4月1日より成果の公表を開始しました。詳細につきましては、地籍調査係にご確認下さい。

申請について詳しくは、次のページをご確認ください

ちぃくん

最終更新日:2015年07月13日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

建設部:土木管理課 地籍調査係

電話番号:0465-33-1538


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.