小田原市

狭あい道路整備事業について

 小田原市では住みよいまちづくりを進めるため、狭い公道に接する敷地における建築行為等で道路後退が生じる場合に、後退用地の買取り等の制度(小田原市建築行為等に係る後退用地の確保及び整備に関する要綱)を取り入れ、以下のとおり整備を進めています。
  申請や前面道路の建築基準法上の取扱いについては、建築指導課建築道路相談係で受付けています。
 また、制度改正に伴い、本年度申請分は物件除却補償費を助成対象としますが、平成30年度申請分からは助成対象外となります。
 なお、年度予算額の上限に達した場合は、当該年度での土地の買取り等ができない場合がありますので、予めご了承ください。

手続き

 後退用地の手続きについては、「手続きの流れ」を参照してください。

後退用地の買取り等

 後退用地は、市の基準に基づく「買取り」、又は「無償譲渡」していただきます。
 また、登記に問題がある場合などの理由で買取りができない場合は、後退用地を無償使用契約により、市の道路用地として整備や管理を行います。
 なお、買取りや無償譲渡に伴う測量や登記の費用は市が負担します。

後退用地の買取り単価について

 後退用地の買取り金額は市が年度ごとに決定する単価を乗じた金額となります。

 買取り単価は当該年度の用途地域別地価公示価格の最低価格の15%を基準に算出し、毎年度決定しています。

 平成29年度の買取り単価は下表のとおりです。

平成29年度後退用地買収単価(1平方メートル当たり)
住居系地域 10,000円
商業系地域 16,500円
工業系地域 8,100円
市街化調整区域 5,600円

物件の除却

 後退用地内の既存の門、塀、よう壁、生垣等の支障物件の除却は建築主等に実施していただき、市の基準に基づいた物件除却補償を行います。
 ただし、制度改正に伴い、平成30年3月31日までの申請分については、物件除却補償の対象としますが、平成30年4月1日の申請分からは、対象外となります。

後退用地の整備及び管理

 後退用地は市が整備、管理します。

最終更新日:2017年06月01日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

建設部:土木管理課 用地係

電話番号:0465-33-1552


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.