小田原市

小田原の電線類地中化事業

電線類地中化事業は、安全快適な通行空間の確保、都市災害の防止、都市景観の向上等を目的にしています。
「電線共同溝」は、電線の設置及び管理を行う二以上の者の電線を収容するため道路管理者が道路の地下に設ける施設です。

 

別名「C・C・BOX」といい、最初のCはCommunity(地域・共同)、Communication(通信・伝達)、Compact(小型)を、2番目のCはCable(ケーブル線)を意味します。

電線類地中化(C.C.BOX)

電線類地中化(C.C.BOX)


従来のキャブが、道路本体であったのに対し、道路の附属物として位置付けられています。
電線共同溝では、法律において整備路線の指定等の様々な行政手続きが定められており、電線管理者との調整・合意が大前提となっています。今後の事業実施には電線管理者の協力のみならず、既設埋設占用企業者の協力も不可欠なものであるため、より一層の理解・協力をいただきますようお願いいたします。 

電線類地中化事業を行う前の高田交差点

電線類地中化事業を行う前の高田交差点

電線類地中化事業を行った後の高田交差点

電線類地中化事業を行った後の高田交差点


最終更新日:2013年03月14日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

建設部:道水路整備課

電話番号:0465-33-1645


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.