小田原市

農産加工品の販売
〜農産加工品の販売には、営業許可が必要です〜

畑で収穫したばかりの新鮮な野菜を利用して作った漬物やお惣菜、完熟の果物を利用したジャムなどの農産加工品は、農産物直売所でも人気の一品です。

また、農産加工品の販売は、手づくりのぬくもりや地域ならではの伝統の味を消費者にPRできるという良さがあります。

しかし、農産加工品の販売は誰でも簡単にできるわけではありません。

必要な手続きをふみ、「営業許可」をとることが必要です。
営業の種類は34業種あります。例えば以下の表のように、販売したい加工品によって営業の種類が異なります。
営業許可を得るためには、まず、家庭の台所とは別に、その加工品を専門に作るための加工施設が必要です。

次に施設の衛生管理をする役目を担う「食品衛生責任者」を置かなくてはなりません。

神奈川県食品衛生協会で実施する養成講座を受講することで、資格を取得することができます。
農産加工品の販売を考えた時は、地域の保健福祉事務所に必ず相談してください。食の安全性が注目を浴びている昨今、安全な施設で安全な加工活動を行うようにしましょう。

表(食品衛生法施行令より一部抜粋)
直売所に見られる主な農産加工品 業 種
キュウリの浅漬け、粕漬けなどの漬物類、イチゴジャムなど 食品製造業(届出)
米味噌、麦味噌など 味噌製造業
赤飯、酒まんじゅう、ようかんなど 菓子製造業
きゃらぶき、きんぴら、卵焼きなど 惣菜製造業
しそジュース、摘果みかんジュースなど 清涼飲料水製造業

最終更新日:2012年08月10日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

経済部:農政課

電話番号:0465-33-1491


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.