小田原市

トップ画

小田原漁港新港西側エリアの整備について

小田原特定漁港漁場整備事業の概要

小田原漁港の新港西側エリアでは、平成14年度から神奈川県が事業主体となり、小田原特定漁港漁場整備事業が行われています。
この小田原特定漁港漁場整備事業は、平成14年4月に施行された漁港漁場整備法に基づき、同年8月に神奈川県が策定した「小田原特定漁港漁場整備事業計画」により、県西地域の水産物の生産の流通の拠点としての発展を目指し、漁獲物の高付加価値化のための「蓄養(ちくよう)水面」、生産流通加工施設や、都市住民との交流を図る「小田原漁港交流促進施設」などの整備を行うとともに、地震などの災害時の機能強化が図られています。
  • 蓄養水面とは…漁獲された魚介類を短期間、生簀(いけす)などで飼育するための水面であり、安定供給のための機能を有する。

 

漁獲物荷さばき施設及び水産物加工処理施設について

交流促進施設の隣接地では、小田原市漁業協同組合が事業主体となり、漁獲物荷さばき施設、水産物加工処理施設の整備が進められています。
平成29年3月には、漁獲物荷さばき施設が完成し、平成30年3月には、水産物加工処理施設が完成予定であり、順次稼働していきます。

完成予想図(提供:小田原市漁業協同組合)

荷捌き施設

最終更新日:2017年09月19日


この情報に関するお問い合わせ先

経済部:水産海浜課 海岸漁港係

電話番号:0465-22-9227


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.