小田原市

社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)

重要なお知らせ

マイナンバー制度に便乗した不審な電話や詐欺にご注意ください。

預金口座番号などの個人情報を聞き出そうとするなど、不審な電話が各地で報告されています。

マイナンバーの通知前に、マイナンバー制度関係で行政機関などから手続を求めることはありません。 

詳しくは下記PDFファイルをご覧ください。

マイナンバー制度に便乗した不正な勧誘や個人情報の取得にご注意ください!  PDF形式 :430.6KB

PDFファイルをご覧になるには、Adobe® Reader®が必要です。


ロゴ
 

社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)について

  • マイナンバーは、住民票を有する全ての方に1人1つの番号を付して、社会保障、税、災害対策の分野で効率的に情報を管理し、複数の機関に存在する個人の情報が同一人の情報であることを確認するために活用されるものです。
  • マイナンバーは、行政を効率化し、国民の利便性を高め、公平かつ公正な社会を実現する社会基盤です。

期待される効果

期待される効果としては、大きく3つあげられます。

  1. 公平・公正な社会の実現
    所得や他の行政サービスの受給状況を把握しやすくなるため、負担を不当に免れることや給付を不正に受けることを防止するとともに、本当に困っている方にきめ細かな支援を行えるようになります。
  2. 国民の利便性の向上
    添付書類の削減など、行政手続が簡素化され、国民の負担が軽減されます。また、行政機関が持っている自分の情報を確認したり、行政機関から様々なサービスのお知らせを受け取ったりできるようになります。
  3. 行政の効率化
    行政機関や地方公共団体などで、様々な情報の照合、転記、入力などに要している時間や労力が大幅に削減されます。複数の業務の間での連携が進み、作業の重複などの無駄が削減されるようになります。

主なスケジュール

平成27年10月にマイナンバーが通知されました。

平成27年10月から、住民票を有する国民の皆様一人一人に12桁のマイナンバー(個人番号)が通知されました。

また、マイナンバーは中長期在留者や特別永住者などの外国人の方にも通知されます。

通知は、原則として住民票に登録されている住所あてにマイナンバーが記載された「通知カード」を送ることによって行われます。

マイナンバーは一生使うものです。マイナンバーが漏えいして、不正に使われるおそれがある場合を除いて、番号は一生変更されませんので、マイナンバーはぜひ大切にしてください。

平成28年1月からマイナンバーを利用します。

平成28年1月から、社会保障、税、災害対策の行政手続にマイナンバーが必要になりました。

マイナンバーは社会保障、税、災害対策の中でも、法律や自治体の条例で定められた行政手続でしか使用することはできません。

個人情報の管理

マイナンバーは、厳しく管理しなくてはなりません。

マイナンバーは、個人の複数の情報を結び付けることができるため、利便性が高まる一方で、漏えいや不正利用があった場合の影響も大きくなるおそれかあります。

そこで、マイナンバーを含んだ個人情報(「特定個人情報」と呼びます)が厳重に管理されるよう、仕組みが整えられています。

管理の仕組みは、主にこのようなものです。

  1. マイナンバーは、法律や自治体の条例で定められた範囲・方法以外では利用できません。
    利用範囲や方法を明確に定めることで、無制約な使用を防ぎます。ご本人であっても、むやみに他人に提供することはできません。
  2. 利用状況は監視・監督されます。
    国の専門の機関(個人情報保護委員会)が、マイナンバーの利用状況をチェックし、法令違反が認められたような場合は、是正のための措置を行います。
  3. 「特定個人情報保護評価」を行います。
    マイナンバーを含んだ個人情報(=特定個人情報)をデータ管理する場合は、一定の基準により、管理システムの安全性を事前に評価し、その結果を公表することになっています。これを「特定個人情報保護評価」と呼んでいます。
    小田原市でも、各利用事務について順次評価を行い、このホームページでも結果を公表していきます。
  4. 罰則が強化されます。
    個人情報を不正取得したり、盗用したりした場合は、関係法令による罰則が適用されますがが、マイナンバーを含んだ個人情報の場合、その罰則が重くなっています。

この他にも、ご本人がマイナンバーの利用状況をチェックできる仕組みなどが整備されることになっています。

社会保障・税番号制度のホームページのご案内

内閣官房ホームページ「社会保障・税番号制度」について

社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)に関する最新情報や制度の概要につきましては、内閣官房ホームページをご覧ください。

マイナンバー制度についてのお問い合わせ先

マイナンバー総合フリーダイヤル

電話:0120-95-0178(無料)
平日:午前9時30分~午後10時00分/土・日曜日、祝日:午前9時30分~午後5時30分
(年末年始12月29日~1月3日を除く)

  • 英語・中国語・韓国語・スペイン語・ポルトガル語に対応したフリーダイヤル

  • マイナンバー制度に関すること 電話:0120-0178-26
  • 「通知カード」「個人番号カード」に関すること 電話:0120-0178-27
    (英語以外の外国語対応は平日:午前9時30分~午後8時00分までとなります。)
  • 一部IP電話等で上記ダイヤルに繋がらない場合(有料)

  • マイナンバー制度に関すること 電話:050-3816-9405
  • 「通知カード」「個人番号カード」に関すること 電話:050-3818-1250

マイナンバーコールセンター

電話:0570-20-0178

平日:午前9時30分~午後10時00分/土・日曜日、祝日:午前9時30分~午後5時30分
(年末年始12月29日~1月3日を除く)

  • 全国共通ナビダイヤルとなり、通話料がかかります。
  • 英語・中国語・韓国語・スペイン語・ポルトガル語の外国語対応は電話:0570-20-0291におかけください。
    (英語以外の外国語対応は平日:午前9時30分~午後8時00分までとなります)
  • 一部IP電話等で上記ダイヤルに繫がらない場合は、電話:050-3816-9405におかけください。

最終更新日:2016年06月08日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

企画部:行政管理課

電話番号:0465-33-1305


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.