東京2020オリンピック・パラリンピックを盛り上げよう

東京2020参画プログラム(応援プログラム)で盛り上げよう

東京2020参画プログラム(応援プログラム)は、自治体や地域関連、スポーツ関連、学校、経済関連、公益法人など様々な組織・団体が、オリンピック・パラリンピックとつながりを持ちながら、大会開催の機運醸成のイベントや事業などを実施できる仕組みです。
スポーツや文化芸術、地域活動など幅広い分野で、機運醸成やレガシー創出の取組の視野を広げ、多くの人が参画することを目指しています。

*東京2020参画プログラム(応援プログラム)は、(公財)東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の取組みです。
 詳細は、「東京2020参画プログラム 特設サイト(外部リンク)」をご覧ください。

beyond2020プログラムで盛り上げよう

beyond2020プログラムは、公的機関のほか、民間事業者、任意団体など幅広い組織・団体が、東京2020オリンピック・パラリンピックを、文化プログラムを通じて、日本の魅力を発信する絶好の機会として捉え、地域の祭りや伝統工芸、食文化など地域性豊かで多様性に富んだ文化を発信し、共生社会、国際化に繋がるレガシーを創出する仕組みです。
多様性・国際性に配慮した事業・活動で、「障がい者にとってバリアを取り除く取組」や「外国人にとって言語の壁を取り除く取組」を認証しています。

*beyond2020プログラムは、文化を通じた機運醸成策に関する関係府省庁等連絡・連携会議の取組みです。
 詳細は、「beyond2020プログラム(外部リンク)」をご覧ください。

<<取組紹介>>

NO.1
事業名 みんなでスポチャン!
日時 2017年5月22日(月)
場所 ありんこホームふじみ
主催 小田原市スポーツチャンバラ協会
事業概要 礼を守る日本の武道の精神を基に、健常者・障がい者、男女の別なく、高齢者からちびっ子まで、自由に安全に楽しみ、汗を流すスポーツチャンバラの体験会です。
NO.2
事業名 能楽ワークショップ
日時 2018年2月17日(土)
場所 小田原市民会館
主催 神奈川県・小田原市・(公財)鎌倉能舞台
事業概要 貴重な伝統等文化に対する理解を深めるために実施する、ユネスコの無形世界遺産である伝統芸能「能・狂言」についての、小・中学生を対象とした体験ワークショップです。【東京2020参画プログラムです。】
NO.3
事業名 アール・ド・ヴィーヴル展覧会「自分らしく生きる8」
日時 2018年6月27日(水)から7月2日(月)
場所 ダイナシティ「ギャラリー新九郎」
主催 NPO法人 アール・ド・ヴィーヴル
事業概要 インクルーシブ社会の実現のため、障害のある人たちの絵画・織物・フィギュア作品など多様な作品に触れ、また、その創作活動を周知する展覧会です。【2017年も認証されています。】
NO.4
事業名 スクランブル・ダンス・プロジェクト
日時 2018年8月から
場所 小田原市立三の丸小学校など
主催 小田原市
事業概要 NPO法人アール・ド・ヴィーヴルの協力のもと、誰もがダンスを楽しみ、一人一人が自由に踊り、創作する体験型ワークショップです。【2017年も認証されています。】

東京五輪音頭で盛り上げよう

・オリンピック・パラリンピックを盛り上げるため、(公財)東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が、1964年の東京五輪音頭のリメイク版「東京五輪音頭-2020-」のCDとDVDを作成されています。
小田原市では、このCDとDVDを、市立かもめ図書館で貸し出しています。是非、ご活用ください。
*詳細は「東京五輪音頭-2020-特設サイト(外部リンク)」をご覧ください。

・また、「東京五輪音頭-2020-神奈川バージョン」の映像も公開されています。
*詳細は、神奈川県ホームページ(外部リンク)をご覧ください。

最終更新日:2018年07月11日


この情報に関するお問い合わせ先

企画部:企画政策課 オリンピック・パラリンピック推進係

電話番号:0465-33-1408


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.