小田原童謡大使 ボニージャックス&ベイビー・ブー就任!

ボニージャックスとベイビー・ブー

 今から100年前(1918年)、小田原に移り住んだ北原白秋は、児童文芸誌「赤い鳥」の創刊を契機に、童謡詩人として、小田原で活躍の場を広げ、生涯1,200を超える童謡詩の半分以上を、小田原に滞在した8年余の期間に創作しています。
 このたび、長年、美しい日本の歌を歌い続けてこられたボニージャックスの皆様と、その志を引き継がれて活動されるベイビー・ブーの皆様を「小田原童謡大使」として委嘱しました。
 「小田原童謡大使」は、北原白秋が小田原で創作した童謡を末永く歌い継いでいただくとともに、白秋ゆかりの「童謡のまち 小田原」の、全国に向けた情報発信にご協力いただくため、白秋童謡100年を記念して委嘱したものです。
 6月29日(金)に委嘱式とミニライブが、生涯学習センターけやきホールにて行われ、400人近い人たちが集まりました。

「小田原童謡大使」委嘱式及びボニージャックス&ベイビー・ブー ミニライブの様子

委嘱式

加藤市長から委嘱状を交付される様子
(ボニージャックスの鹿嶌さんはご都合で欠席)

ミニライブ

ボニージャックスとベイビー・ブーによるミニライブの様子

市長と写真撮影

加藤市長と写真撮影の様子


 白秋の代表曲「からたちの花」は、関東大震災の翌年、大正13年5月に小田原を散策している中で生まれた、と白秋は書いていますが、童謡は、震災をはじめとする社会不安の中で、子どもから大人まで、多くの人の心に明るい灯を点し、人々を励まし、優しい心を呼び戻す力となったことでしょう。
 白秋の残した素晴らしい童謡を、次世代へ伝えていくことは、白秋童謡のふるさとである小田原の大きな願いです。
 このたびの歌が結んでくださった大きなご縁に、深く感謝し、小田原市としても、ボニージャックスとベイビー・ブーの皆様とともに、「白秋ゆかりの童謡のまち 小田原」の魅力を全国に発信していきます。

「小田原童謡大使」小田原市関連イベント出演情報

*ベイビー・ブーが出演します。

 映画「この道」を歩む夕べ・由紀さおりトークイベント「美しい日本語の歌を伝えたい」
主催
映画「この道」小田原白秋応援隊
日時
8月22日(水) 
開演 午後6時30分(開場:午後6時)
場所
小田原市民会館大ホール
金額
3,000円(全席自由席)
入場券発売日
7月9日(月)から
入場券販売所
小田原地下街ハルネ小田原街かど案内所
(電話:0465-23-1150)、ローソンチケット
問い合わせ
映画「この道」応援隊事務局 mail:konomichiouentai@yahoo.co.jp
◎同会場では、北原白秋、小田原文学館(本館)・白秋童謡館(別館)を紹介するパネル展示を行います。

最終更新日:2018年08月28日


この情報に関するお問い合わせ先

文化部:図書館 【かもめ図書館】

電話番号:0465-49-7800


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.