小田原市

生(いき)ごみ小田原プロジェクト

平成22年度より、小田原市では家庭から出る燃せるごみの約40%を占める「生ごみ」の減量化を図るため、『生(いき)ごみ小田原プロジェクト』と称し、生ごみ堆肥化推進事業を開始いたしました。
平成28年5月末現在で、これまでの参加者が延べ4,900世帯を越え、全国的に見ても規模の大きな取り組みに発展してきました。あなたもご家庭で「ごみの減量」と「堆肥づくり」に挑戦してみませんか。

平成28年度「家庭での取り組み」参加者募集

1.対象

市内在住で、家庭で生ごみの堆肥化に取り組めるかた、またはすでに行っているかた

(段ボールコンポスト・EMぼかし・コンポスター・庭に埋めるなど、方法は自由)

(注)すでに参加登録済みのかたは除きます。

2.申し込み

  • 市役所4階環境政策課、支所・連絡所、タウンセンター、窓口コーナーに置いてある申請書に必要事項を記入し、窓口にご持参ください。
    段ボールコンポストを希望する方には、新規セットをお渡しします。
    申請書はこのページからダウンロードもできます。
  • 生(いき)ごみサロンや、店頭説明会などでも申し込みを受け付けています。
  • 申請は世帯ごとでお願いします。

参加申請書  PDF形式 :201KB


3.補助

  • 段ボールコンポストに応募されるかたには、取組セットを支給します。(無料・先着1,000人)
  • EMぼかしに応募されるかたには、EMバケツとぼかしのセットを支給します。(無料・先着10人)
(注)段ボールコンポスト・EMぼかし以外の方法には、補助はありません。
段ボールコンポストセット
段ボールコンポスト新規セットに入っているもの
  • 段ボール(底板付き)
  • 虫よけカバー(不織布)
  • 温度計
  • シャベル
  • 基材(おがくず、ピートモス、もみ殻くんたん、腐葉土の混合物)
  • 説明書
  • 夏期以外は、米ぬかも付きます。


段ボールコンポストの詳しい説明はこちら


小田原生(いき)ごみクラブ

小田原生(いき)ごみクラブは、市と協働して、生ごみ小田原プロジェクトを支える市民組織です。

活動内容

  • 生ごみ堆肥化の普及・啓発活動
  • 生(いき)ごみサロンなどの企画・運営
  • 生(いき)ごみ通信の発行
  • 堆肥化の研究
  • 各種堆肥化実践者へのフォロー

構成メンバー

  • 会長 濱野昌平
  • 事務局 環境政策課、小田原生(いき)ごみクラブ
  • 会員数 約120名
ダイヤ街出店の様子


生(いき)ごみサロン

小田原生(いき)ごみクラブでは、生ごみ堆肥に取り組まれているかた、興味のあるかたを対象に『生(いき)ごみサロン』を開催しています。
生ごみ堆肥化に取り組まれているかたをサポートする楽しい集会です。「取り組んだが、うまくいかない。」「こうしたら具合がよい。」等いろいろなご意見、苦労話、自慢話に花が咲きます。
また、生(いき)ごみ小田原プロジェクトへの新規登録の受付や、段ボールコンポストの基材の販売、堆肥化の見本の展示なども行っています。
初心者・経験者を問わず、どなたでも参加できます。
  • 生ごみ堆肥で育てた花や野菜の写真、現物などを、ぜひサロンでご紹介ください。
  • 花や野菜の種や苗で、余っているものがありましたら、サロンへご持参ください。

平成28年度 第1回生(いき)ごみ地域サロン開催日程(6月・7月)


これまでの動き~生ごみ堆肥化検討委員会~

ごみの減量と資源の有効利用を図るため、平成21年に生ごみ堆肥化検討委員会を設置し、生ごみ堆肥化による持続可能な地域内循環の仕組みづくりについて検討していただきました。
小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.