小田原市

ときめき国際学校(友好都市オーストラリア・マンリー市との交流)

ときめき国際学校とは

小田原市では、「地域の国際化・市民参加・青少年育成」を進めるため、平成3年度から、友好都市であるオーストラリア・マンリー市との相互交流事業「ときめき国際学校」を行っています。

ときめき国際学校では、マンリー市と小田原市の中学・高校生がホームステイをしながら、文化体験等をとおして、国際感覚を磨きます。

マンリー市に渡る中学・高校生たちは、小田原を代表する「ときめき親善大使」として、小田原で友達になったマンリー市の中学・高校生の家庭にホームステイをし、マンリー市役所を訪問したり、また、雄大な自然の中でファームステイを体験したりします。多文化が共生するオーストラリアで、文化の違いや国際人としての行動を学びます。

2015年ときめき親善大使集合写真

2015年ときめき親善大使(マンリー市庁舎前にて撮影)

どんなことをやっているの?

事前研修は6月から始まります。その後、7月上旬にマンリー市の生徒が小田原へ、7月下旬から8月上旬に小田原の生徒がマンリー市へ行き、それぞれ12日間ほど滞在します。

事前研修

グループワークを通じて、参加者同士の団結を深めます。また、ときめき国際学校での交流が充実したものとなるよう、日本・オーストラリア両国の文化、海外でのマナー、英会話などを学びます。

国内交流

マンリー市の中学・高校生が小田原を訪れ、ホームステイをしながら、小田原市の中学・高校生と、日本文化体験などを通して交流します。

海外交流

小田原市の中学・高校生が、国内交流で親交を深めたオーストラリア・マンリー市の中学・高校生の家庭にひとりずつホームステイをしながら、市長表敬訪問や学校登校、社会見学などを行います。また、乗馬や野生動物とのふれあいなどが楽しめるファームステイも行います。

事後研修

ここまでの研修や交流を通じて学んだことをまとめ、自分たちの言葉で市民の皆様に伝えます。また、小田原市内で行われる各種イベントに参加し、活動をPRします。

オーストラリア・マンリー市の概要

マンリー市は、オーストラリア東部のニューサウスウェールズ州、シドニーの中心街から約11kmの距離にあります。ノースヘッドと呼ばれるシドニー湾の北東に位置し、面積は約15km2、人口は約4万人で、オーストラリアでは中規模の自治体(カウンシル/council)です。

 

マンリーという地名は、1788年、第一次移民船団を率いるアーサー・フィリップ船長が囚人のための土地を求めてここに上陸したとき、男性的な体つき(男性らしい=MANLY)の先住民族アボリジニが彼らを迎えたことに由来しています。

 

現在、マンリーは住民にも、そこを訪れる人々にも大変人気があります。ビーチ、公園、広場、娯楽施設、テニス、ゴルフ、クリケットのスポーツ施設など、様々な施設が完備されており、サーフィンのできるビーチは背の高いノースフォート島の松林にふちどられていて世界的に有名です。四季を通じて気温が15度から20度と温暖な気候に加え、丘陵から紺碧の海を望む展望に魅せられて、シドニーっ子が競って居を構えることを熱望するほどの最高の住宅地となっています。マリンスポーツを楽しんだり、広々とした公園内を散策したり、バーベキューパーティーを開いたりと、ゆとりある生活を楽しむことができます。週末もフェリー発着の埠頭からマンリービーチ周辺まで商店が開き、多くの人々で賑わいます。

マンリー市

>> 大きい地図を表示

 からの 

小田原市との交流は、平成3年度、「ときめき小田原夢まつり」の一イベントである国際交流祭において「ときめき親善大使」が渡豪した際、マンリー市でホームステイを行ったことがきっかけです。元マンリー市長である姉妹都市委員会会長ジョアン・ソーバン女史が受入れの中心となり、以来、両市の青少年相互交流が続けられています。

 

なお、マンリー市は東京都台東区とも交流があり、両市は1982 年8 月14日に姉妹都市提携をしています。 


平成22年4月1日号 巻頭記事「66年ぶりの父の手帳」

ときめき国際学校でのエピソードを広報小田原平成22年4月1日号で紹介しました。
これも、長い間の交流による信頼から生まれた、国際平和を考えさせられる話です。
ぜひ、ご一読ください。


最終更新日:2016年04月12日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

文化部:文化政策課 文化交流係

電話番号:0465-33-1703


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.