小田原市

無形民俗文化財・曽我別所の寿獅子舞

曽我別所の寿獅子舞(市指定 平成10年8月1日)

【保存会名】  寿獅子舞保存会

【所   在】 曽我別所

【概   説】

■寿獅子舞の由来
 獅子舞は大別すると、一人立ち獅子舞と二人立ち獅子舞に分かれますが、「曽我の獅子舞」は一人立ちの方で、関東・東北にこの形が多く伝承されています。この獅子舞は江戸時代から伝わっている「はや獅子舞」の系統で、横浜地方で盛んに行われたものですが、西湘地方では曽我別所だけに伝わるとても貴重な芸能です。

 地元の民俗学者の西海賢二先生のお話によると、久野に住んでいた傀儡の舞太夫から伝授されたとのことです。当時から氏子の無病息災と悪魔を払い豊年を祈願する舞として、郷社宗我神社に奉納され、
代々村の長によって伝承されてきましたが、昭和になってから次第に
衰退し始め、特に戦争中は全く中断して、お囃子と獅子頭だけが残り
ました。

(曽我別所寿獅子舞保存会結成五十周年記念「寿獅子舞」より)

■獅子舞の復活
 終戦直後の昭和22年のこと、全国的に素人演芸が流行した時、たまたま別所に戦争中から疎開していた人の仲介で、獅子舞の名人と言われた「ちゃら平」先生が、当地に江戸時代から伝承されてきた「曽我ばやし」に舞と振付けをし、更に歌舞伎役者の「桜川梅丸」師匠が、「ヒョットコ踊り」と「馬鹿ばやし」を取り入れ、獅子頭も従来の二人立ちから一人立ちとなって復活したのが現在の獅子舞です。

最終更新日:2011年01月21日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

文化部:文化財課

電話番号:0465-33-1717


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.