小田原市

無形民俗文化財・相模人形芝居下中座

相模人形芝居下中座(国指定 昭和55年1月28日)

 

【所 在】 小竹

【保存会名】 下中座

【概 説】

相模人形芝居は、大阪の文楽と同じように三人遣い(さんにんづかい)という様式で、一つの人形を三人の遣手が操作する人形芝居で、江戸系に属し淡路人形芝居が主流です。

 三人遣いの発祥は、享保19年(1734)大阪・竹本座で始められたとされますが、江戸の孫四郎芝居が、それより早く17世紀末に始めたといわれています。

 相模人形芝居の特徴は、文楽の人形に比べてカシラがやや小ぶりで、首を動かす構造が異なるほか、通称「鉄砲差し(てっぽうざし)」と呼ばれる繰法を持っています。

 「鉄砲差し」とは、芝居の見せ場でポーズを取る時、観客に向かって人形を前に傾ける構えを言いますが、その時の主遣い(おもづかい:人形のカシラと右手を操る人)の構えが、鉄砲を構えた姿に似ていることからそう呼ばれます。

 下中座は、江戸時代か「小竹の人形」として知られた人形座で、発祥についての文献はありませんが、言い伝えによると、およそ今から250〜260年、関西地方から人形遣いの一行が、江戸を目指して旅興行の途中、この小竹村に来たところ村人と息投合して、その座頭格の男が村に長い間滞在し、名主小沢八郎右衛門の援助を得て、その技能を村の青年に伝えたのが始まりと言われています。その後、人形のカシラや衣装なども徐々に整えられ、一時は近隣に好評を博しましたが、幕府の天保の改革の諸芸禁止により中絶してしまいました。しかし、幕府の目を逃れて、横穴古墳の中で稽古をしたとも伝えられています。

 カシラの大部分は、宝暦〜天明(1751〜1789)の勢作とみられ、その彫りは素朴です。現在、カシラは55個(うち鉄砲差しカシラ19個)あり、相模人形中興の祖といわれる西川伊左衛門の作品もあります。植毛のカシラが多いことも特徴です。

 下中座の初期の師匠は不明ですが、明治26年頃に吉田金花、駒十郎父子が来村しています。金花は静岡生まれで、明治維新後に東海道筋の人形元締めの一人となった人です。村に来ると東際寺に滞在し、昼間はカシラの塗り替えをし、夜は稽古をつけたと言われ、40日〜80日も居ることが2〜3年続いたといいます。後に吉田一京・吉田冠三が来村したとも言われています。

 明治末期になると、相模人形中興の祖と言われる西川伊左衛門が当地に来ました。彼は江戸系の繰法を伝えた最後の人形遣いで、下中座のほか厚木市の長谷座・林座、平塚市の前鳥座などを回って指導しました。

 国の指定にあたっては、下中座・長谷座・林座の三座が、相模人形芝居連合会を結成し、国の無形民俗文化財として同時指定を受けました。現在は、これら三座に加えて、県指定の平塚市の前鳥座、南足柄市の足柄座が加わって年に一度合同公演を行っています。

最終更新日:2011年01月21日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

文化部:文化財課

電話番号:0465-33-1717


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.