公的年金からの住民税の特別徴収

 公的年金の受給者で65歳以上のかた(平成31年4月2日までにまでにお誕生日を迎えられたかた)は、原則として公的年金から住民税(市県民税)の特別徴収(差し引き)がされることになります。これは法令に基づく納付方法の変更で、年税額が増えるものではありません。
 また、特別徴収される税額は、公的年金等にかかるもので、対象となる年金は老齢または退職を支給事由とする年金(老齢基礎年金など)です。今年度新たに対象となるかた(平成30年4月3日から平成31年4月2日までにまでにお誕生日を迎えられたかた)、何らかの理由で特別徴収が中断されたかた、新たに税金が課されるかたは、10月支給分から開始される予定となっております。

最終更新日:2019年10月01日


この情報に関するお問い合わせ先

総務部:市民税課

電話番号:0465-33-1351


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

住民税試算システム紹介ページへリンク

無尽蔵プロジェクト・ブログ

よくある質問

このページに関連する「よくある質問」はありません

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.