平成31年度 給与支払報告書の提出について

事業主は、従業員が平成31年1月1日現在(退職したかたは、退職日現在)居住する市区町村の長あてに、従業員の平成30年中の給与所得の金額、その他必要な事項を記載した「給与支払報告書」を作成し、1月末日までに提出することが義務付けられています。(地方税法第317条の6)

平成30年1月1日から12月31日の間に給与を支払った事業主のかたは(金額の多少にかかわらず)、従業員全員分の給与支払報告書の提出をお願いします。
 

給与支払報告書(総括表)の作成について

小田原市専用総括表の提出について

小田原市専用総括表を平成30年11月上旬に、昨年小田原市にご提出いただいた実績のある事業所様宛(報告人員が全員退職であった場合、eLTAXで提出した場合を除く)に、お送りしました。
こちらの総括表に所要事項記入のうえ平成31年度の給与支払報告書(個人別明細書)と併せて提出をお願いします。

小田原市専用総括表で提出する場合、あらかじめ印字された部分(事業所の名称、事業所の所在地、法人番号)を訂正する際は、朱書きで訂正をお願いします。
 
 

その他の総括表での提出について

小田原市専用総括表を使用せず官製総括表や給与及び会計システム等による独自の総括表で提出する場合、
(1)特別徴収・普通徴収の区分ごとの人数
(2)納入書の要・不要

の上記2点を朱書きで余白に記載をお願いします。

平成29年度より、総括表に給与支払者の個人番号または法人番号を記載する欄がありますので、給与の支払いをするかたが個人事業主様の場合は個人番号を、法人様の場合は法人番号の記載をお願いします。

総括表については、普通徴収切替理由書と一体型のものを小田原市のホームページからダウンロードできるほか、市民税課窓口、各支所でも配布しておりますのでご利用ください。

給与支払報告書(個人別明細書)の作成について

特にご注意していただきたい記入箇所について

(1)「住所」には、「平成31年1月1日」の住所を記入してください。
(2)「氏名」「個人番号」「フリガナ」を必ず記入してください。
(3)「生年月日」を必ず記入してください。
上記3点については、個人を特定するための重要な情報になりますので、正確にご記入お願いします。

「摘要欄」の記入について

(1)普通徴収切替理由に該当するかたについては、該当する符号(普A~普F)を記入してください。
   普通徴収切替理由書の添付もお願いします。
(2)「中途就職者」は、「前職分」(給与支払者の所在地と名称、支払金額、控除した社会保険料、
   徴収した源泉徴収税額、退職年月日)を記入してください。
(3)控除対象扶養親族が5人以上いる場合は、被扶養者の「名前」を必ず記入し、16歳未満の扶養親族の場合、
   氏名の後に「(年少)」と記入してください。
   被扶養者が非居住者の場合は、氏名の後に「(非居住者)」と記入してください。
   ※扶養親族の個人番号については、「摘要欄」に記入せず、「5人目以降の控除対象扶養親族の個人番号」
    及び「5人目以降の16歳未満の扶養親族の個人番号」の欄に記入してください。

(4)給与受給者が青色事業専従者である場合には「青専」と記入してください。
(5)障害者、特別障害者または同居特別障害者が同一生計配偶者(控除対象配偶者を除く)に該当する場合、
   該当する同一生計配偶者の氏名及び同一生計配偶者である旨を記入してください。

その他給与支払報告書等の作成につきましてはこちらを確認してください。

普通徴収切替理由書の作成について

平成28年度から神奈川県下統一で実施している特別徴収の推進に伴い、普通徴収対象者のかたがいらっしゃる事業所様については、普通徴収切替理由書のご提出をお願いします。

普通徴収が認められる場合は下記のとおりです。下記条件に該当する場合は、普通徴収に切替えることができます。
 
普通徴収切替理由
普A 総従業員数が2人以下(下記「普B」~「普F」に該当するすべての従業員数を差し引いた人数)
普B 他の事業所で特別徴収(例:乙欄適用者)
普C 給与が少なく税額が引けない(例:年間の給与支給額が100万円以下)
普D 給与の支払が不定期(例:給与の支払が毎月ではない)
普E 事業専従者(個人事業主のみ対象)
普F 退職者、退職予定者(5月末日まで)及び休職者
《普通徴収とする場合》
個人別明細書の摘要欄に該当する符号(普A,普Bなど)を記入してください。
給与支払報告書提出時に、「普通徴収切替理由書」に該当事項を記載し、提出してください。
(「普通徴収切替理由書」の提出がない場合、原則特別徴収となります。)

《eLTAX等の電子媒体で給与支払報告書(総括表・個人別明細書)を提出する場合》
eLTAXを利用される場合、徴収区分を普通徴収とし(該当する方の普通徴収欄に必ずチェックを入力する)、個人別明細書の摘要欄に、該当する普通徴収切替理由の符号を記入してください。電子媒体で提出される場合には、この入力方法により、普通徴収切替理由書の提出を省略できます。

 

提出について

提出期限

平成31年1月31日(木)
(事務の都合上、平成31年1月21日(月)頃までに提出をお願いします。)

提出先

〒250-8555
小田原市荻窪300番地  【小田原市役所 総務部 市民税課】

提出方法:eLTAX または郵送、持参
平成31年1月1日(退職者については退職時)に従業員が住んでいた市区町村に提出してください。
(小田原市以外にお住まいの従業員がいる場合は、それぞれの市区町村に区分けし提出してください。)
 

提出対象者

給与の支払額の多少にかかわらず,すべての従業員のかたの分の提出が必要です。
※給与支払額が30万円以下の中途退職者についても給与支払報告書の提出をお願いします。

電子データ(eLTAX、光ディスク等)での給与支払報告書の提出について

eLTAX(エルタックス)とは、地方税における手続きをインターネットを利用して電子的に行うシステムです。
eLTAXを利用して、給与支払報告書の提出ができます。ぜひ、ご活用ください。
詳しくは、下記ページをご覧ください。

その他の特別徴収の各手続方法については下記ページをご参照ください。

最終更新日:2018年11月28日


この情報に関するお問い合わせ先

総務部:市民税課

電話番号:0465-33-1351


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

住民税試算システム紹介ページへリンク

無尽蔵プロジェクト・ブログ

よくある質問

このページに関連する「よくある質問」はありません

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.