小田原市

小田原市箱根町真鶴町湯河原町地域障害者自立支援協議会

地域障害者自立支援協議会は障がい者の地域における自立生活を支えるため、相談支援を適切に行うとともに、関係機関のネットワーク構築を行います。また、障がいを理由とする差別の解消を推進するための協議を行っています。

全体会

協議会活動の事業計画や予算決算の確認をするなど、協議会の中心的な会議です。
会議名・日時・場所
会議内容
第1回全体会
平成28年6月24日(金)
14時~15時
小田原市役所大会議室
●平成27年度自立支援協議会決算について
●設置規約の改正について
障害者差別解消法に基づく地域協議会を自立支援協議会の中に含み、実務は新たに設置する権利擁護部会で行うこととした。
●平成28年度自立支援協議会事業計画及び予算について
●平成27年度障害福祉サービス等の利用状況について
第2回全体会
平成29年3月22日(水)
13時30分~15時
小田原市生涯学習センターけやき第2会議室
●平成28年度自立支援協議会事業報告について
●平成29年度自立支援協議会事業計画(案)について
【相談支援部会】地域課題の抽出と対応検討など
【就労支援部会】市役所での職場体験実習継続、障害者雇用促進法改正に向けての取組など
【子ども部会】放課後等デイサービス事業所の情報交換の場設置、教育との連携強化に関する取組など
【権利擁護部会】障害者差別解消法に関する相談事例の検討など
※新たに精神障害に関する部会を設置する。
※部会員を置き、部会員が中心となり具体的な動きにつながるような部会運営をしていく。

専門部会

4つの部会を設置し、それぞれのテーマについて関係が深いメンバーで調査・研究等を行っています。部会は協議会委員に限らず、幅広いメンバーで協議を行っています。

相談支援部会

計画相談支援を行っている相談支援事業所を中心に部会を行っています。計画相談支援を通して見えてくる地域課題の検討や、相談支援のスキルアップを行い連携強化を図っています。
会議名・日時・場所
内容
第1回部会
平成28年12月6日(火)
15時~16時30分
小田原合同庁舎2E会議室
●参加事業所からの近況報告
計画相談員に余裕がなく、新規の計画を受けられないという事業所が多かった。介護保険の居宅介護支援を行っている事業所が平成29年4月から新たに障害福祉サービスの計画相談を始める。
●地域包括支援センターの事業説明
障害福祉サービスと介護保険の連携強化を目的として、介護保険サービスと地域包括支援センターについて説明を受けた。
●グループワーク「障害福祉サービスと介護保険の連携について」
障害福祉サービスと介護保険の違いを理解し、お互いに連携を取る必要がある事例やスムーズに移行するための引継ぎが必要な事例があることが改めて確認できた。地域包括支援センターと計画相談員が顔を合わせて話ができたため、今後の連携につながった。
2市8町相談支援事業所連絡会
(圏域ナビ共同開催)
平成28年8月26日(金)
15時30分~17時
小田原合同庁舎2F会議室
●計画相談を円滑に進めるための検討
2市8町で支給決定を行う際、それぞれの市町で必要になる添付書類に違いがあるため整理が必要という意見を受け、共通の提出書類を確認する一覧表を使い情報共有を図った。
事例検討会
(圏域ナビ共同開催)
●グループスーパービジョンの手法を使い事例検討を行いました。ストレングス、支援のアイデアなどを出しあい、次の一手につながるグループワークを行いました。
第1回 平成28年7月22日(金) 15時~17時
第2回 平成28年11月24日(木) 18時30分~20時30分
第3回 平成29年1月26日(木) 18時30分~20時30分
第4回 平成29年3月6日(月) 14時~17時

就労支援部会

障がい者の就労を促進したり、障がい者を雇用する環境を整えるために必要な取り組みについて検討をしています。
会議名・日時・場所
内容
第1回部会
平成28年6月30日(木)
10時~11時30分
障害者支援センターぽけっと
●部会の取組について
平成26年度に部会が設置され、当面の課題である直B問題について一定の方向性が出せたため、今後の新たな取組について協議。障がい者の事務仕事の実習の場が少ない状況にあるため、市役所や役場内で事務仕事の職業体験ができるか調査研究をしていくこととした。
茅ヶ崎市視察
平成28年12月15日(木)
10時~11時30分
茅ヶ崎市役所障害福祉課
●職場体験事業視察
茅ヶ崎市で行っている市役所内の職場体験を視察。平成20年度より事業を開始し53名の受け入れ実績があるため、受入れに向けての周知や面接について、仕事の内容や配慮していることなど具体的なアドバイスを受けることができた。
職場体験活動
平成29年3月27日(月)~31日(金)
平成29年4月3日(月)~7日(金)
小田原市役所障がい福祉課
●職場体験活動実施
障害者就業・生活支援センター・ぽけっと登録者2名が1週間ずつ小田原市障がい福祉課窓口で職場体験活動を行う。お客様対応や事務仕事を実際に行うことで、そのような環境に対するアセスメントを行えるとともに、本人の体験の場となった。

子ども部会

児童発達支援や放課後等デイサービスなど子どもが利用するサービスや特別支援学校など、発達に遅れがあったり障がいがある子どもの支援について検討を行っています。(平成28年度は足柄上地域自立支援協議会児童発達支援部会と共同開催)
会議名・日時・場所
内容
放課後等デイサービス自己評価表送付・回収
平成28年8月
障がい児の支援に関する地域課題を抽出するため、厚生労働省作成の自己評価表を一部改編し2市8町の23事業所へ配布、開設直後の事業所を除く21事業所から回答があった。
第1回部会
平成28年10月27日(木)
9時~11時
ほうあんふじ
●自己評価表集計結果分析
全体的には「できている」という評価が多く、それぞれの事業所で工夫しながら取り組んでいる様子がみられた。研修やアセスメントなど事業所内でできる事については評価が高い一方で、学校や地域との連携、計画相談との連携など、外部と関わりが必要な内容については課題があるようだった。
●第2回部会について
集計結果をもとに放課後等デイサービス事業所が集まり、事業所の現状を見つめる機会を作るとともに、地域課題を抽出するための場とすることとした。また、各事業所の取組を利用者に紹介するための一覧表を作ることを検討することとした。
第2回部会
平成29年1月31日(火)
10時~11時30分
小田原合同庁舎実習室
●グループワーク「これからの放課後等デイサービスに向けて」
各放課後等デイサービスで行っているよい取組と課題をあげてもらった。積極的な研修の取組や自治会への参加などが報告される一方で、学校(特に普通学校)との連携、利用日数の増加に伴い家庭の役割をどう捉えていくかなどの課題があげられた。それらの現状を受けた今後の取組として、学校との連携強化や放課後等デイサービス事業所間での情報共有の場を作ることなどがあげられた。

権利擁護部会

障害者差別解消支援地域協議会実務者会議を兼ね、障害者差別解消法に関する取組を中心に障がい者の権利擁護に係る検討等を行うため、平成28年度に新たに設置されました。
会議名・日時・場所
内容
湘南西部保健福祉圏域障害者差別解消支援地域協議会視察
平成28年10月20日(木)
15時~16時30分
平塚保健福祉事務所大会議室
平成27年度、国のモデル事業として、先駆的に障害者差別解消法に対する取組を行った平塚市の視察を行いました。地域の障害者差別に関する現状を把握するためのアンケート実施についてなど、具体的な取組について把握することができました。
第1回部会
平成28年11月7日(木)
13時30分~15時
おだわら総合医療福祉会館会議室
●障害者差別解消法及び障害者差別解消支援地域協議会について
制度理解と協議会の位置づけについて共通認識を持つため、行政から説明を行いました。
●グループワーク「権利擁護部会の運営について」
当事者1名、障がい者の保護者1名も参加し、「この地域がどのような状況なら障害者差別解消法が施行されてよかったと感じるか」「そのために協議会は何ができるか」というテーマで意見交換を行いました。法律について知っている人が少ないので周知が進んだらよい、合理的配慮について事例を通して話ができたらよい、職場の中で理解が進んでいたらよいなどの意見が挙げられました。
第2回部会
平成29年3月1日(水)
13時30分~15時
小田原市生涯学習センターけやき大会議室
障がい当事者7名、障がい児者家族7名を含む28名の参加がありました。
●障害者差別解消法について
制度理解と協議会の位置づけについて共通認識を持つため、行政から説明を行いました。
●障がい者差別の現状と今後の取組について
「みんなが当事者!当事者が考える合理的配慮」をテーマとしたグループワークを行いました。「精神障がい者が入居を断られた」という差別的取扱いと思われる事例もあげられました。また、採用面接での対応についてや、バリアフリーについて、資源の不足についてなど障害者差別解消法だけでは対応できな事例もあげられました。当事者と支援者が一緒に話をすることで、多くの気づきがありました。

運営会議

行政、クローバー(委託相談支援事業所)、相談支援センターエール(圏域ナビ)、障害者支援センターぽけっと(障害者就労・生活支援センター)で各部会の運営状況の確認や今後の取組についての検討を行っています。
第1回運営会議
平成28年6月7日(火)
18時~19時30分
おだわら総合医療福祉会館会議室
●第1回全体会議について
●平成28年度の部会について
第2回運営会議
平成28年10月18日(火)
18時~19時30分
おだわら総合医療福祉会館会議室
●各部会の活動状況について
第3回運営会議
平成29年2月21日(火)
18時~19時30分
おだわら総合医療福祉会館会議室
●各部会の活動状況について
●第2回全体会議について

協議会委員

1、2のうちから23人以内の委員で協議会を組織しています。
(協議会では委員以外の方からの意見を聞くような会議等も行っております。)

1 以下の関係機関等から推薦された者
障害者サポートセンター 相談支援センターういず 公益財団法人積善会曽我病院 こどもホッと相談カフェ 県西地区知的障害者施設協会 西湘地区障害者地域事業所連絡会 県西地区ソーシャルワーカー実務研究協議会 障害者支援センターぽけっと 小田原市障害者福祉協議会 箱根町身体障害者福祉協会 真鶴町身体障害者福祉会 湯河原町身体障害者福祉協会 小田原市手をつなぐ育成会 箱根町手をつなぐ育成会 真鶴町手をつなぐ育成会 湯河原町手をつなぐ育成会 湯河原町真鶴町肢体不自由児者父母の会 小田原地区精神保健福祉会 小田原市社会福祉協議会 箱根町社会福祉協議会 真鶴町社会福祉協議会 湯河原町社会福祉協議会

2 次の者
小田原公共職業安定所長 小田原児童相談所長 小田原保健福祉事務所保健福祉部長 小田原養護学校長 小田原市障がい福祉課長 箱根町健康福祉課長 真鶴町健康福祉課長 湯河原町社会福祉課長
 

最終更新日:2017年04月04日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

福祉健康部:障がい福祉課 障がい者支援係

電話番号:0465-33-1467
FAX番号:0465-33-1317


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.