小田原市

風しん(大人の任意予防接種)費用の一部助成

妊娠初期の妊婦が風しんに感染すると、難聴や心疾患等の先天性風しん症候群を発生する恐れがあります。風しんの感染予防には予防接種が効果的ですので、小田原市では対策として、風しんの予防接種費用の一部助成を実施します。

対象者

小田原市に住民登録のある次の1~5のすべてに該当するかた

  1. 平成7年4月1日以前の生まれのかた
  2. 平成25年度以降、風しん予防接種費用の一部助成を受けていないかた(他市町村による助成も含みます)
  3. 風しんにかかったことがないかた
  4. 風しんワクチンを含む予防接種を2回接種していないかた
  5. 次のいずれかに該当しているかた
    ・妊娠を予定、または希望している女性
    ・妊娠している女性のパートナー
    ・妊娠を予定、または希望している女性のパートナー

期間

平成28年4月1日~平成29年3月31日

助成対象ワクチン

  • 麻しん風しん混合ワクチン(MR)
  • 風しん単独ワクチン

助成金額

  1. 麻しん風しん混合ワクチン:8,000円
  2. 風しん単独ワクチン:4,000円
  • 予防接種費用から助成金額を引いた金額を自己負担として医療機関にお支払いただきます。
  • おひとりにつき接種1回のみ助成されます。

以下の点にご注意ください。

  • 接種当日に発熱等何らかの理由で、接種が中止となった場合は助成の対象となりません。
    その際、診察料をお支払いいただく場合があります。
  • 以前に自費で接種された場合や、この助成制度を利用せずに医療機関に支払った費用については、償還払い(払い戻し)はできませんのでご了承ください。

申込方法・接種場所

小田原市が指定する取扱医療機関に、直接お申込みください。

取扱医療機関は、次のとおりです。

注意事項

妊娠中の女性は予防接種を受けることはできません。

ワクチン予防接種後、2か月間は避妊が必要です。

ワクチン接種の前後には、他の予防接種との接種間隔にご注意ください。

  • 生ワクチン接種後に、他のワクチンを接種する場合には27日(4週間)以上の接種間隔が必要です。
  • 不活化ワクチン接種後に、他のワクチンを接種する場合には6日(1週間)以上の接種間隔が必要です。
生ワクチン(麻しん風しん混合、麻しん、風しん、おたふくかぜ、水ぼうそう等)
不活化ワクチン(不活化ポリオ、二種混合、日本脳炎、B型肝炎、インフルエンザ、肺炎球菌等)
  • 接種前にご確認ください。

健康被害があった場合の措置について

大人の風しん予防接種は、予防接種法に基づかない任意予防接種です。

任意予防接種により健康被害が発生した場合は、独立行政法人医薬品医療機器総合機構が実施する「医薬品副作用被害救済制度」に基づく救済の対象となる可能性があります。

最終更新日:2016年04月01日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

福祉健康部:健康づくり課(保健センター)

電話番号:0465-47-0820


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.