【平成30年度】乳幼児予防接種

子どもは、成長する過程で多くの病気にかかります。
なかには命にかかわる病気もありますので、予防接種で免疫をつくります。
次の予防接種は、対象年齢内であれば、小田原市の予防接種取扱医療機関で市負担(無料)で接種を受けられます。
お子さんの出生後に、予防接種についての冊子「予防接種と子どもの健康」をお渡ししていますので、よく読んでご理解いただいてから、お子さんの体調が良いときに接種を受けましょう。

乳幼児の定期予防接種の種類と対象年齢

B型肝炎

  • 対象年齢:1歳未満
  • 標準的な接種間隔と回数:1回目接種後、27日以上の間隔をおいて2回目、1回目の接種から139日以上の間隔をおいて3回目を接種します。ただし、2回目と3回目の間は、6日以上の間隔をおきます。

BCG

  • 対象年齢:1歳未満
  • 標準的な接種間隔と回数:1回

ヒブ

  • 対象年齢:生後2か月~5歳未満
  • 標準的な接種間隔と回数:初回接種時の月齢により接種回数が異なります。

小児の肺炎球菌

  • 対象年齢:生後2か月~5歳未満
  • 標準的な接種間隔と回数:初回接種時の月齢により接種回数が異なります。

四種混合(ジフテリア・百日せき・破傷風・不活化ポリオ)

  • 対象年齢:生後3か月~7歳6か月未満
  • 標準的な接種間隔と回数:【初回】20~56日間隔で3回、【追加】初回3回目終了後、1~1年半の間に1回
  • 平成24年11月から、従来の三種混合ワクチンに不活化ポリオワクチンを加えた四種混合ワクチンになりました。
  • 三種混合ワクチンを1~3回接種し、まだ合計4回接種していない場合は、三種混合ワクチンまたは四種混合ワクチンに切り替えて合計4回接種します。ポリオワクチンの接種のみ不足している場合は、不足分の不活化ポリオワクチンを接種します。
  • ポリオワクチンについては、生ポリオワクチンを2回接種していれば終了です。三種混合ワクチンで接種を開始して、生ポリオワクチンを未接種の場合または1回接種した場合は、四種混合ワクチンに含まれる不活化ポリオワクチンと合わせて合計4回になるまで、不足分を不活化ポリオワクチンで接種します。不活化ポリオワクチンの対象年齢と接種回数は、四種混合ワクチンと同じです。

麻しん風しん混合(MR)

  • 対象年齢:【1期】1歳~2歳未満
         【2期】平成24年4月2日~平成25年4月1日生まれ
  • 標準的な接種間隔と回数:【1期】1回、【2期】1回

水痘(みずぼうそう)

  • 対象年齢:1歳~3歳未満
  • 標準的な接種間隔と回数:2回(3か月以上の間隔を空ける)

日本脳炎

  • 対象年齢:【1期】生後6か月~7歳6か月未満、【2期】9歳~13歳未満
  • 標準的な接種間隔と回数:【1期】6~28日間隔で2回、翌年にもう1回、【2期】1回
  • 平成7年4月2日~平成19年4月1日生まれのかたは、20歳未満までの間、不足回数分の定期接種を無料で受けられます。
  • 平成19年4月2日~平成21年10月1日生まれのかたは、9歳~13歳未満の間に限り、1期の不足回数分と2期(1回)を無料で受けられます。

二種混合(ジフテリア・破傷風)

  • 対象年齢:11歳~13歳未満
  • 標準的な接種間隔と回数:1回

子宮頸がん予防

  • 対象年齢:平成14年4月2日~平成19年4月1日生まれ(小学6年生~高校1年生相当まで)
  • 標準的な接種間隔と回数:6か月間に計3回、ワクチンの種類により接種間隔が異なります。
  • (厚生労働省)現在、子宮頸がん予防ワクチンの接種を積極的にはお勧めしていません。接種に当たっては、有効性とリスクを理解した上で受けてください。

対象年齢の解釈

麻しん風しん混合ワクチン2期、子宮頸がん予防ワクチンの対象年齢は、平成30年4月1日から平成31年3月31日までの間、対象となる学年です。
その他の予防接種の対象年齢は、接種日の年齢です。
  • 1歳~2歳に至るまで
    1歳の誕生日の前日から2歳の誕生日の前日まで
  • 11歳~13歳未満
    11歳の誕生日の前日から13歳の誕生日の前日まで

持ち物

母子健康手帳
※接種を受ける前にこれまでの接種歴を確認し、接種を受けた後に接種歴を記録するために必要となります。
 忘れずに母子健康手帳をお持ちください。
※予診票は、下記「小田原市の予防接種取扱医療機関」にあります。

接種間隔について

予防接種のワクチンには、生ワクチンと不活化ワクチンがあります。

生ワクチンは、生きた細菌やウイルスの毒性を弱めたもので、接種後に体内で細菌やウイルスが増え、約1か月で免疫をつくります。

不活化ワクチンは、細菌やウイルスを殺し、必要な成分を取り出し毒性をなくして作ったものなので、体内で細菌やウイルスは増えません。十分な免疫を得るには、一定の間隔で接種を受けることが必要となります。

ワクチン接種後、他の予防接種を受けるときは、予防接種の十分な効果を得るために、必要な間隔を空けてください。

詳しい接種スケジュール・接種間隔

小田原市の予防接種取扱医療機関

※医療機関によっては予約が必要となる場合もありますので、事前に希望する医療機関へお問い合わせください。

小田原市の予防接種取扱医療機関以外で予防接種を受ける場合

小田原市に住民登録しているかたが、市外の医療機関で乳幼児予防接種(定期接種)を受ける場合、接種費用は原則被接種者の全額自己負担となりますが、次の場合は、市が費用の全額又は一部を助成します。
  • 小田原市の近隣市町(主に箱根町、真鶴町、湯河原町、南足柄市、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、大磯町、二宮町)の医療機関の一部では、市内での接種と同様、接種費用は小田原市の負担(接種を受ける人の自己負担は無料)で乳幼児予防接種(定期接種)を受けられる医療機関もあります。詳しくは、健康づくり課までお問い合わせください。
  • 医学的な事情や里帰りなど市がやむを得ないと判断する事情のため、小田原市の予防接種取扱医療機関以外の国内の医療機関で、定期予防接種の対象の年齢に、乳幼児予防接種を希望する場合は、市へ事前に手続きしていただいたうえで、支払った予防接種費用の全額又は一部を市が払戻しで助成(償還払い)します。詳しくは、健康づくり課までお問い合わせください。

関連情報リンク

最終更新日:2018年11月07日


この情報に関するお問い合わせ先

福祉健康部:健康づくり課(保健センター)

電話番号:0465-47-0820


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.