生活にお困りの方はご相談ください

生活保護制度について

 年金や給与などの収入が世帯ごとに決められる「最低生活費」を下回る方(世帯)で、自分の資産や能力、さまざまな制度を活用しても生活を維持することができない方(世帯)に対して、国が「健康で文化的な最低限度の生活」を保障する日本国憲法第25条や生活保護法で定められた制度です。
 その生活保護制度について、わかりやすくまとめたしおりを作成しておりますので、下記の「保護のしおり」をご覧ください。
 また、生活保護制度利用者の方に適正な届出をしていただくことを目的に、「正しく届出をしましょう」と題したリーフレットを作成しました。下記に掲載しますので、あわせてご覧ください。
 ご不明な点などがあれば、下記担当課までお問い合わせください。

保護のしおり  PDF形式 :1.4MB


生活保護の種類について

 生活保護制度をご利用している方(世帯)は、生活保護法に基づき、下記の扶助費が支給されます。
生活扶助 衣食、その他日常生活を送るために必要な扶助
住宅扶助 家賃、住宅補修費等の扶助
教育扶助 義務教育を受けるために必要な教材費、給食費等の扶助
介護扶助 介護サービス利用のために必要な扶助
医療扶助 病気、けがの入院や治療のために必要な扶助
出産扶助 出産のために必要な扶助
生業扶助 技能の習得、就職の支度のために必要な費用、高校の就学費等の扶助
葬祭扶助 葬祭のために必要な扶助

意見箱に寄せられたご意見

 「生活保護行政のあり方検討会」における提言を踏まえ、生活保護行政やケースワーカーの対応などについてのご意見をいただくため、生活支援課窓口に意見箱及び意見書用紙を設置しました。お寄せいただいたご意見のなかで、公表を希望されたものについては、原則、本ページにて公表し、生活保護行政の運営に反映させるよう努めていきます。なお、意見箱及び意見書用紙については、生活支援課窓口に設置していますので、ご記入後、意見箱に投函してください。

意見書の公表

 お寄せいただいたご意見を月ごとに取りまとめて、以下に公表します。なお、公表してから一定期間を経過したものについては、意見書を削除する場合もあります。

意見箱設置状況及び意見書用紙

 生活支援課窓口に設置している意見箱の設置状況と意見書用紙を以下に掲載します。

意見箱  PDF形式 :327.6KB


意見書用紙  PDF形式 :43.2KB


最終更新日:2017年12月01日


この情報に関するお問い合わせ先

福祉健康部:生活支援課

電話番号:0465-33-1463


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.