小田原市

用途地域の指定のない区域における建築形態制限の指定について

目的

特定行政庁(小田原市長)が、地域の土地利用の状況等に応じて規制値を定め、良好な環境を確保することを目的に、容積率、建ぺい率、道路斜線制限及び隣地斜線制限の4種類の建築形態制限を行うことになりました。

規制内容

容積率は50%〜400%、建ぺい率は30%〜70%の範囲で選択し、道路斜線制限の勾配は1.25又は1.5、隣地斜線制限の勾配は31m+2.5又は20m+1.25を選択し、指定することが義務づけらました。 

建築形態制限の指定

現在、市街化調整区域における都市計画法上の許可における条件及び制限は、容積率100%、建ぺい率50%で運用しております。今後も、自然環境や農業環境に配慮したゆとりある環境を維持することを目標に、下記の数値を指定しました。
なお、この数値の指定につきましては、平成15年10月27日の都市計画審議会で議を経て、平成15年11月19日付で告示し、平成16年4月1日に施行しました。また、平成27年7月1日付で一部地域の容積率、建ぺい率の変更をしました。

 

規制項目

制限値

容積率

100%

建ぺい率

50%

道路斜線制限

勾配:1.25

隣地斜線制限

20m+1.25


最終更新日:2015年07月30日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

都市部:建築指導課 指導係

電話番号:0465-33-1433


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.