小田原市

小田原駅東口お城通り地区再開発事業の経緯

昭和59年3月

小田原市土地開発公社が小田原駅国鉄貨物駅跡地(約5,250平方メートル)を取得

昭和61年3月

市が「小田原駅周辺地区整備基本計画」を策定

平成元年3月

小田原駅東口お城通り地区再開発準備組合を設立

平成11年3月

県と市が共同で「広域交流拠点整備構想」を策定

平成13年5月

準備組合が小田原駅東口お城通り地区市街地再開発事業基本計画を策定

平成14年5月

準備組合が(株)村井敬合同設計を一般業務代行者に決定

平成18年7月

一般業務代行者業務終了

平成19年2月

準備組合が審査講評に従い、(株)アーバンコーポレイションを優先交渉権者として決定

平成19年10月

(株)アーバンコーポレイションと覚書を締結し、同社を事業施行者に決定

平成20年8月

(株)アーバンコーポレイションが、民事再生手続きの開始決定

平成20年8月

お城通り地区は公共要素を高めた再開発事業とする旨、議員説明会、準備組合役員会、記者発表

平成20年11月

市民、団体、有識者からなる「小田原駅・小田原城周辺まちづくり検討委員会」が発足し、お城通り、地下街、三の丸地区の利活用について検討を開始

平成21年3月

小田原駅・小田原城周辺まちづくり検討委員会が報告書を提出

平成21年4月

準備組合と事業施行者(アーバン)で締結していた覚書解除

平成21年4月

小田原駅・小田原城周辺の懸案事業に関する市の方針等を発表

平成22年4月

業務委託により行われた事業化検討調査に基づき、調査結果を報告(4月20日建設経済常任委員会)

平成22年6月

事業化検討調査に基づき、事業者意向調査を実施

平成22年8月

お城通り地区再開発事業に係る「基本的な事業化方針」決定

平成22年9月

「基本的な事業化方針」を報告(9月7日建設経済常任委員会)

平成22年10月

お城通り地区再開発事業「基本構想」策定

平成22年11月

「基本構想」を報告(11月11日建設経済常任委員会)

平成24年3月

緑化歩道の一部を仮舗装し、暫定供用開始

平成24年9月

事業協会と詳細協議を開始することを報告(9月7日建設経済常任委員会)

平成24年10月

事業協会と覚書締結

平成24年10月

事業協会と詳細協議開始

平成25年8月

小田原駅東口お城通り地区再開発事業「駐車場施設ゾーン整備基本計画」策定

平成25年8月

「整備基本計画」を議会に報告(8月20日建設経済常任委員会)

平成25年9月

事業協会等と事業合意

平成25年9月

市が地元説明会を開催

平成25年10月

陳情第51号「小田原駅東口お城通り地区再開発事業 駐車場施設ゾーン整備基本計画」の再検討を求める陳情(陳情者18名)が議会に提出される

平成25年10月

議会での陳情審査が、継続審査となる(10月22日建設経済常任委員会)

平成25年11月

市が事業説明会を開催(3回)開催、延べ39名出席

平成25年12月

議会での陳情審査が、継続審査となる(12月3日建設経済常任委員会)

平成25年12月

「小田原駅東口お城通り地区再開発事業」について全戸回覧を依頼(広報委員長会議)

平成25年12月

本会議にて、陳情者の一部(18名中11名)からの辞退の申出書が許可され、陳情が継続審査となる

平成26年1月

議会での陳情が継続審査となる(1月14日建設経済常任委員会)

平成26年2月

市と小田原箱根商工会議所が意見交換

平成26年2月

陳情第59号「小田原駅東口お城通り地区再開発事業における「駐車場施設ゾーン整備」の建設延期を求める陳情、陳情第60号「小田原駅東口お城通り地区再開発事業の駐車場施設ゾーン整備事業に係る事業合意書」の白紙撤回を求める陳情が議会に提出される

平成26年2月

駐車場施設ゾーンの実施設計に係る概要を議会に報告(2月19日建設経済常任委員会)議会での陳情3件(陳情第51、59、60号)が不採択となる(2月19日建設経済常任委員会)

平成26年3月

駐車場施設ゾーンの実施設計が完了

平成26年6月

駐車場施設ゾーンの整備スケジュールの変更を報告(6月12日建設経済常任委員会)

平成26年6月

市が駅周辺の10の商店会を訪問し、駐車場施設建設スケジュールの変更について説明

平成26年8月

駐車場施設ゾーンの整備について報告(8月18日建設経済常任委員会)

平成26年9月

駐車場施設ゾーンの整備について平成26年度と平成27年度の継続事業とすることを報告(9月4日建設経済常任委員会)

平成26年11月

市と小田原箱根商工会議所が意見交換

平成26年11月

(仮称)小田原駅東口立体駐車場建設工事契約(一般財団法人小田原市事業協会と大林組・松浦建設特定建設工事共同企業体)

平成26年12月

駐車場施設(工事契約内容等)、広域交流施設ゾーン(整備方針、財源の確保等)について報告(12月3日建設経済常任委員会)

平成26年12月

市と一般財団法人小田原市事業協会が駐車場施設建設工事の地元説明会を開催

平成27年1月

「広域交流施設ゾーンの基本的な事業化方針の骨子(案)」について報告(1月26日建設経済常任委員会)

平成27年2月

市と小田原箱根商工会議所が意見交換

平成27年4月

「広域交流施設ゾーンの基本的な事業化方針の骨子」を策定

平成27年8月

市と小田原箱根商工会議所が意見交換

平成27年9月

広域交流施設ゾーンに関する市民アンケート調査を実施

平成27年10月

小田原駅東口駐車場建設工事完成(10月30日)

平成27年11月

小田原駅東口駐車場(11月19日)及びおだわら市民交流センターUMECO(11月28日)供用開始

平成27年12月

広域交流施設ゾーン整備実施方針(案)を報告(12月4日建設経済常任委員会)

平成27年12月

市と小田原箱根商工会議所が意見交換

平成28年1月

広域交流施設ゾーン整備実施方針(案)に対する意見募集(パブリックコメント)を実施(1月4日から2月2日まで)

平成28年1月

市が駅周辺の10の商店会を対象に、広域交流施設ゾーン実施方針(案)の説明会を開催(1月28・29日、2月2日)

平成28年2月

広域交流施設ゾーン整備実施方針(案)を変更及び修正のうえ報告(2月26日建設経済常任委員会)

広域交流拠点整備構想  PDF形式 :2.4MB

PDFファイルをご覧になるには、Adobe® Reader®が必要です。


最終更新日:2016年03月09日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

都市部:拠点施設整備課 広域交流拠点整備係

電話番号:0465-33-1654


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.