小田原市

市街地開発事業

土地区画整理事業

昭和20年8月15日未明に戦災を受けた青物町、一丁田町、高梨町及び宮小路の区域を対象に、昭和21年9月10日特別都市計画法の適用を受け直ちに事業を行ったのが最初です。

その後、昭和26年に万年地区(現在の浜町四丁目)で焼失面積2.8haの大火があり、復興対策として周辺を含めて万年土地区画整理事業を行いました。また、昭和25年には神奈川県が進めていた小田原漁港の建設、また、国道135号の整備も含めて早川沿岸土地区画整理事業に着手しました。

昭和40年代には、住宅が急増してきた、東海道本線鴨宮駅南部一帯の農耕地について、駅南口広場の新設と都市計画道路の整備を図るため、鴨宮駅南部土地区画整理事業に着手しました。

土地区画整理促進区域のうち、久野、豊川、下曽我各地区について特定土地区画整理事業として区域決定を行い、保留区域であった成田・桑原地区と羽根尾地区土地区画整理事業に着手しました。

なお、早川沿岸土地区画整理については、順次事業を進め、第1工区(南町四丁目、板橋、南板橋)、第2工区(早川、板橋)は事業が完了しましたが、第3工区(板橋)につきましては、西湘バイパスの建設や小田原厚木道路のインターチェンジの設置等により、区域内は急速に宅地開発が進み、区画整理事業の実施が困難となっていたため、地域住民の意向を踏まえ平成25年2月に早川沿岸土地区画整理事業区域を縮小しました。

名称 面積(ha) 決定年月日 告示番号
戦災復興土地区画整理 約6.7 昭和21年8月27日決定 戦災復興院告示第114号
万年土地区画整理 3.7 昭和30年3月31日変更
昭和30年5月14日告示
建設省告示第692号
早川沿岸土地区画整理 44.9 平成25年2月22日変更 小田原市告示第17号
鴨宮駅南部土地区画整理 52.3 昭和41年3月2日決定 建設省告示第335号
久野特定土地区画整理 11.1 昭和57年10月5日決定 小田原市告示第68号
豊川特定土地区画整理 16.9 昭和58年7月25日決定 小田原市告示第43号
下曽我特定土地区画整理 7.3 昭和59年12月4日変更 小田原市告示第78号
成田・桑原土地区画整理 17.1 平成3年12月20日決定 小田原市告示第57号
羽根尾土地区画整理 30.3 平成7年3月24日決定 小田原市告示第195号

市街地再開発事業

中町地区の大火跡地復興のため、都市再開発法による市街地再開発事業を施行し、公共施設の整備、都市空間の確保、都市災害の除去等を図るため施行区域を昭和50年3月に決定しました。

なお、事業については、神奈川県住宅供給公社を参加組合員として小田原中町市街地再開発組合を発足し、組合施行により共同住宅2棟、店舗・住宅1棟を建設しました。
 

昭和50年3月28日決定 神奈川県告示238号 

名称 面積(ha) 位置
中町市街地再開発事業 約0.5 中町一丁目・栄町四丁目

最終更新日:2015年07月31日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

都市部:都市計画課

電話番号:0465-33-1571


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.