小田原市

相馬市長による講演「相馬に学ぶ」を開催しました

相馬市長による講演の様子

東日本大震災から半年が経ち、被災地では復興に向けた歩みが進められてします。本市でも現地の経験や教訓、災害対策の知恵を学び、より確かな災害対策を実現していくことが重要になります。

9月26日(火)、相馬市と本市の「災害時等における相互応援に関する協定書」締結の機を捉え、被災地で陣頭指揮をとられた立谷相馬市長から現場の取組みをお話いただきました。


相馬市長講演 概要  PDF形式 :187.1KB



小田原と相馬の関係

【小田原と相馬の関係】

江戸時代後期(1839年)、二宮尊徳に入門した相馬中村藩士、富田高慶(とみた たかよし)は、尊徳のもとで報徳仕法を学び、やがて尊徳四大門人の筆頭に挙げられるほど信頼を得ました。相馬藩の財政の立て直しと農村振興のために、尊徳が仕法書を作成し、相馬に戻った富田が現地で指導をして、大きな成功を収めました。

このことから、小田原と相馬地方には今でも二宮尊徳の縁によるつながりが続いています。


最終更新日:2011年10月06日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

企画部:企画政策課

電話番号:0465-33-1253


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.