小田原市

★小田原の生活を豊かにするための情報を発信★
小田原文化レポーター・新メンバー加入!

小田原文化レポーターに新しいメンバーが加わりました。小田原の文化を多くの方々に知ってほしい、楽しんでほしい。そんな思いでレポートします。ご期待ください!!

文化レポーターとは、市民による市民のための文化情報発信!

文化活動、伝統工芸、食文化。小田原には、古くから多彩な文化が花開き、今も活気ある活動が続いています。

文化レポーターは、心に触れた小田原のさまざまな文化活動を自ら取材。時には体験し、レポートします。

小田原文化レポーターブログ・下記リンクをクリック!

小田原文化レポーターブログでは、小田原の文化の記録としてレポートを掲載しています。 

小田原文化レポーターFacebook・下記リンクをクリック!

小田原文化レポーターFacebookでは、これから開催されるイベント情報などをふくめ、随時記事を発信しています。

★新レポーター紹介★

新しく加わったレポーターをご紹介します。小田原が大好きな、新メンバーです!

杉基

杉本 俊彦(すぎもと としひこ)

ペンネーム: 杉基
小田原に勤務、県外から通勤して早一年。
歴史、文化、なりわい等、多くの魅力を持った小田原である事を
聞きました。
まず自身で魅力を体験し、その魅力を少しでも伝える事ができれば
と思っています。
 


コスモスM

武田 素晴(たけだ もとはる)

ペンネーム: コスモスM
小田原は歴史ある街です。その中でも近代の文学を考えてみると実に魅力的な歴史を抱えています。個性的な作家を生み出し、多くの著名な作家、詩人が小田原に滞在し作品を残しました。鎌倉に匹敵する小田原ならではの近代文学史、もっと多くの人に知って欲しいと思います。
 


とっきー

延時 隆博(のぶとき たかひろ)
ペンネーム: Toki(とっきー)

 2016年4月まで都内に住んでました。海と山の自然に囲まれたところに住みたくて、情緒ある城下町小田原に引っ越してきました!
 スポーツや音楽・芸能の情報を通して、小田原の魅力をなんとなく感じてもらえればいいなーそんな感じで、ゆる〜くやっていきます。暖かい目で見守ってください!!笑

趣味は、音楽、ヨガ、散歩、自転車、登山、温泉


そのにゃん

峰岸 園果(みねぎし そのか)

ペンネーム: そのにゃん
小田原産まれ、小田原育ち、扇町在住。小田原大好き!そのにゃんこと、峯岸園果と申します。魅力に溢れ、まだまだ沢山の可能性を秘めている小田原を、発掘・発信できること、誇りに思います。小田原の四季を感じながら、食・自然・催しなど、私らしくお伝えしてゆきます。楽しみにしていて下さいっ!

 


ひろし君

森 啓次(もり けいじ)

ペンネーム:ひろし君
・穏やかな小田原市の風土と人々に生まれた文化の発信に当たりたいものです。
・美術・デザイン・写真、伝統工芸、伝統産業などの各種催し等を通じて素晴らしい発想の紹介を行いたく思っています。
 


ラペ

ペンネーム: ラペ
小田原には長い歴史で培われた多種多様な文化が人々の生活の中で息づいています。文化・芸術はもとより、歴史・生活・なりわい・自然など、それぞれの文化は、多くの人によって支えられ受け継がれています。
「ふ〜ん」「そうなんだ〜」「面白そう〜」「行ってみるか〜」
と、皆さんが感じてもらえるような活動や身近なまちの情報を素人目線で伝えられればと思っています。    
 


★★小田原文化レポーター紹介★★

小田原の多彩な文化情報をレポートしている小田原文化レポーターをご紹介します。

さえパン

神戸 さえ(かんべ さえ)

ペンネーム: さえパン
幼少の頃の夢は童話作家。学生時代は文化人類学、美学美術史学を専攻。
長じて今は、幻のパン屋『weizen sae』として、気まぐれに営業中。
生粋の小田原っ子であるが、いまだに土地勘なし。
様々な小田原の文化を、市民の目線で発信していくこと、それは自分にとっても「ふるさと再発見」になるはず。
持ち前の旺盛な好奇心を生かして、取材・レポートをしたいと思う。
カルチャーとは「心を耕すこと」らしい。
身の回りには、掘り出し物が一杯ありそうな予感がする。
 


18.3mm角の折り鶴さん

草柳 孝之(くさやなぎ たかゆき)

ペンネーム: 18.3mm角の折り鶴さん

箱根の旅館で月20日前後は、外国からのお客様と接してます。小田原・箱根の旅をエンジョイしていただくお手伝いをしているおっちゃんです。
観光産業が成り立つには、なによりもまず世界が平和であることが一番です。平和への願いを込めて、お土産にいつも自分で折った折鶴を差し上げてます。広島・長崎、平和行進、平和憲法の話をまぜながら。頷いてくれます。
すでに2000羽以上の折鶴が世界中の国に飛んでいきました。
最小18.3mm角、最大1.8m角の鶴を折ったのが今までの自己記録です。  


ゆきぐま

佐久間 征夫(さくま ゆきお)

ペンネーム: ゆきぐま

◆「言葉の力」を信じる巳年生まれです。絵画や彫刻、文学や演劇はもちろん、また音楽でさえ、そこから得た感動を共有するには言葉が必要です。「文化レポーター」は小田原の文化を彩る多様な感性をつなぐ「言葉」の役目を果たすものと思います。◆街のどこかで日々開かれているさまざまな美術作品展が小田原の芸術文化の根もとを支えています。このような作品展を訪ね、それぞれの創作の思いと鑑賞の楽しさを、自分自身の感性も試しつつ、市民の皆さんへ伝えることに大きな期待といささかの責任を感じています。 


じんちゃん

神馬 純江(じんま すみえ)

ペンネーム: じんちゃん
小田原に住んで約20年になるアラフィフ主婦です。
食(食べること・つくること:特にお菓子系)、クラシック音楽、健康に関心大。
そのためにも平和で安全に暮らせることが大前提。
出来る範囲でしかありませんがそのための活動も細く長く続けています。
いいと思ったことはみなさんにぜひお伝えしたい、また、みなさんからの情報もたくさんいただきたいと思います。
 


みつる

中村 満(なかむら みつる)

ペンネーム: みつる

小田原には沢山の「文化」があります。
日頃FACEBOOKや広報誌などでは紹介されてこなかった「新しい」文化、「昔ながらの」文化を皆さんに伝えたいと思っています。
日本のアニメーションが特に好きですが、最近は他の文化、芸術にも興味が出てきました。
宜しくお願いします。
 


MOKO

畑田 元子(はただ もとこ)

ペンネーム: MOKO

若者が世界に羽ばたく夢や希望を込めたカモメ図書館で開かれる視聴覚室コンサート。

小学校で行われるアウトリーチで児童により創造されるであろう文化。

まちづくりから派生する文化、受け継がれてきた伝統文化。『今、小田原が面白いな!?』と感じています。 


深野 彰

深野 彰(ふかの あきら)

「自笑 エッセイスト」です。
小田原市文化振興ビジョンを推進するための懇話会委員であることもあり、小田原をフィールドに小田原の文化などのエッセイを書いています。
 


そうこ

山田 孝(やまだ たかし)

ペンネーム: そうこ

生まれも育ちも小田原市です。

幼い頃より祖父から郷土史はじめ地域の話を聞かされてきましたが、一時期離れた所に暮してみて、改めて興味を持つようになりました。特に歴史や寺社仏閣に興味があります。はじめから大げさな事は言えませんが、ローカルからグローバルに通じる小田原の良さを私の視点からお伝えできればと思っています。ちなみに、ニックネームの「そうこ」は倉庫の意味で女性ではありません。 


久保寺さん

久保寺 桃子(くぼてら ももこ)

ペンネーム: 桃子

小田原生まれ小田原育ち、5歳と0歳の子供がいる2児の母です。

市内で仕事をしていますが、いまは育児休業中です。この機会にもっともっと大好きな小田原について知りたい!それを広めたい!と思い、文化レポーターになりました。

市内で行われるイベントや活動に参加したり、小田原と関係のあるものを見たり聞いたりしながら楽しく発信できたらと思っています。

母親の目線でも、小田原の素敵なところをみなさんにお届けしていきたいと思っています。

  


高瀬さん

高瀬 聖(たかせ ひじり)

ペンネーム: hijiri takase

日々の楽しみ方はひとそれぞれ。

自分の楽しみ方が、他のひとの楽しみ方と繋がればいいな、と思います。


田中さん

田中 俊行(たなか としゆき)

ペンネーム: タナカ

1982年、小田原生まれ。picnicという名義で「気になるイベント情報」や「グッときたオススメ情報」など、ワクワクする情報をお届けするメディアpicnic19を運営していたり、デザインしたり、デザインしたものを販売していたりしています。
 


中川さん

中川 あゆみ(なかがわ あゆみ)

ペンネーム: おさかな

小田原に移住して6年目の小田原大好き女子(?!)です。もう20代後半です。

人と自然に興味があります。つまり、好奇心旺盛と言うことかもしれません。

大好きな小田原で出会えた、魅力的な人、魅力的なことを、紹介していきたいな、と思います。 


二宮さん

二宮 鈴菜(にのみや れいな)

ペンネーム: 呉真儀

皆様、こんにちは、呉です。

台湾出身。2015年3月までは愛知県に住んでいて、4月に小田原市に引っ越して来ました。小田原は城下町として知られていて、いろいろなことに興味津々です。もっと深く知りたいので、自分の足で調べながら、感じながら発見したいと思い小田原文化レポーターに申し込みました。

人と接する事が好きで、4~5か国語を話せます。カナダにもちょっと留学した経験があり、その経験を少しでも役立てる事ができたら。また色々角度から、市民に役に立つ情報を発信したいです。これから宜しくお願い致します。 


神山さん

ペンネーム: グルメいわし

仰げば富士。自然に囲まれ、幸せをかみしめる私、グルメいわしです。小田原に住んでまだ少しですが都会では味わえない自然の音、光、香、味を日々実感。

さあ、残すところ4年で東京オリンピック。東京から新幹線で約30分のこの地に、国境を越え多くの人が来てくれますよう、『素敵な小田原生活』をしっかりと拡散します。

 


メルマガ@小田原・文化

メルマガ

小田原市では、小田原の文化情報をお届けするメールマガジンも発信しています。

ぜひ、ご登録いただくとともに、情報提供もお待ちしております! 


最終更新日:2016年06月08日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

文化部:文化政策課 文化政策係

電話番号:0465-33-1707


小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.