小田原市

チュラビスタ市×小田原市
海外姉妹都市提携35周年~35th Anniversary~

姉妹都市提携から35年

チュラビスタ市役所にて

チュラビスタ市役所にて

 チュラビスタ市と小田原市は、太平洋に面していて気候が温暖で、柑橘類が特産品であるなど、類似点が多いことなどがきっかけとなり、1981年(昭和56年)に姉妹都市提携をしました。それ以来、青年交流事業などの市民交流を盛んに行い、両市の相互理解と友好親善を深めてきました。
 2016年は、姉妹都市提携から35年という、大きな節目の年を迎えました。
チュラビスタ市と小田原市では、5年に1度、両市の市民訪問団がお互いの市を行き来しています。これまでに市民訪問団として、チュラビスタ市から116人が小田原に来日し、小田原市からは242人がチュラビスタ市を訪問しています。


チュラビスタの町並み

チュラビスタの町並み

Chula Vista「美しい眺め」

Chula Vista「美しい眺め」

チュラビスタと海

上空から見たチュラビスタ


2016年9月チュラビスタ市民訪問団が小田原市を訪問!

かまぼこ手作り体験

かまぼこ手作り体験

姉妹都市提携35周年記念公式パーティー

姉妹都市提携35周年記念公式パーティー


チュラビスタ市民訪問団 小田原での日程

2016年9月には、チュラビスタ市からサラス市長をはじめとした22名の訪問団が小田原を訪れました。

・9月24日(土)小田原城・清閑亭見学、ちょうちん製作、歓迎レセプション
・9月25日(日)寄木コースター製作、小田原漁港見学、かまぼこ手作り体験、35周年記念公式パーティー
・9月26日(月)市役所訪問、議場見学、鎌倉見学、OIFAとの夕食会

2016年11月小田原市民訪問団がチュラビスタ市を訪問!

チュラビスタ市役所前にて

チュラビスタ市役所前にて

歓迎レセプションにて

歓迎レセプションにて


小田原市民訪問団 チュラビスタでの日程

2016年11月には、小田原市からも市民訪問団を結成し、20名の訪問団がチュラビスタ市を訪れました。35周年を記念する公式行事、市庁舎への訪問など、普段の旅行では体験できないプログラムに参加し、友好の輪が広がりました。

・11月18日(金)市役所、消防署、警察署見学、歓迎レセプション
・11月19日(土)ムラオカ・サブロウ小学校、オリンピックトレーニングセンター、Novo Brewery見学、夕食会
・11月20日(日)ポイントローマ、USSミッドウェイ博物館、バルボアパーク、ペトコパーク見学、さよならパーティー
・11月21日(月)チュラビスタ市からサンフランシスコ市へ

※市民訪問団の旅の記録詳細は下記pdfをご覧ください。

旅の想い出  PDF形式 :5.1MB


市民訪問団 参加のご案内

参加者募集は終了いたしました。

訪問先 チュラビスタ、サンフランシスコほか
旅行期間 平成28年11月18日(金)~24日(木)<5泊7日>
※添乗員が同行します。
対象 市内在住の方、または小田原海外市民交流会の会員
最少催行人数 30名
費用 25万円程度
※交流事業費用として団費2万円を別途いただきます。
※次の費用は含まれません。
オプショナルツアー代金、超過手荷物運搬料金、クリーニング代・電話代・飲食代等の個人的費用、旅券申請印紙代、海外旅行保険料、1人部屋追加料金、ビジネスクラス追加料金
企画協力 小田原海外市民交流会
旅行企画・実施 近畿日本ツーリスト(株)
  • 詳しくは、下記募集要項をご覧ください。

参加申込書  PDF形式 :151.4KB

PDFファイルをご覧になるには、Adobe® Reader®が必要です。


参加申込書  エクセル形式 :34KB


最終更新日:2017年03月13日


この情報に関するお問い合わせ先

文化部:文化政策課 文化交流係

電話番号:0465-33-1703


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.