小田原市

国内姉妹都市

小田原市の国内姉妹都市:栃木県日光市

姉妹都市提携の経緯

昭和55年12月19日、小田原市制施行40周年記念事業として、小田原市と旧今市市との姉妹都市提携が行われました。
 

小田原は、江戸時代に農村復興を手がけた二宮尊徳の生誕の地[1787年(天明7年)]であり、今市は尊徳の終焉の地[1856年(安政3年:69歳)]であるという深い縁があり、姉妹都市提携後、子ども会やスポーツ少年団をはじめ各種交流を深めてきました。

 

平成18年3月20日、今市市を含む5市町村(今市市・日光市・藤原町・足尾町・栗山村)が合併して、新しい日光市となりました。

 

そして平成18年10月20日、小田原市尊徳記念館敷地内にある二宮尊徳生家にて、小田原市と日光市との姉妹都市提携調印式が行われ、両市の交流が新しくスタートしました。

国内姉妹都市・栃木県日光市ってどんなところ?

水と緑に恵まれ、農工商のバランスがとれた旧今市市、自然と歴史が調和し、日光東照宮に代表される世界遺産を有する旧日光市、鬼怒川・川治温泉に代表される温泉のまちとして全国に知られている旧藤原町、日本の近代化を支えてきた旧足尾町、自然と伝統が息づく風情豊かな旧栗山村。それぞれの地域の特色を生かしながら、新しい「日光市」への創造に取り組んでいます。

 

交通は、首都圏から東北自動車道に続く日光宇都宮道路により、東京から車でおよそ2時間と便利です。 

(1)市勢

面積:1,449.87平方キロメートル
(栃木県の約4分の1を占め、全国第3位の面積)
(1位 岐阜県高山市 2位 静岡県浜松市)
人口:95,575人(平成18年8月1日現在)
世帯数:35,934戸(平成18年8月1日現在)

(2)姉妹都市提携を行っている国内都市

神奈川県小田原市(旧今市市 昭和55年)
東京都八王子市(旧日光市 昭和49年)
北海道苫小牧市(旧日光市 昭和57年)

>> 大きい地図を表示

 からの 

どんな交流をしているの?

小田原市・旧今市市の代表的なお祭り「北條五代祭り」と「日光街道杉並木祭り」において、それぞれ小田原ちょうちん踊りやあっぱれ杉並木おどりが行列に加わり、お祭りを盛り上げています。

 

このほか、スポーツ少年団や子ども会連絡協議会がお互いの市を訪問して交流を深める相互交流や、災害時の相互援助に関する協定の締結なども行っています。

最終更新日:2014年08月01日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

文化部:文化政策課

電話番号:0465-33-1707


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.