小田原市

建造物・正恩寺の鐘楼門

正恩寺の鐘楼門 1棟

   市指定 平成4年11月2日

所有

   正恩寺

所在

   本町4-5-7 正恩寺

形状等

   一間楼門 入母屋造瓦葺

   桁行 9.05尺(2.74m) 梁間 7.73尺(2.34m) 桁高 1丈5.50尺(4.70m)

概説

正恩寺は、浄土真宗大谷派東本願寺の末寺です。初めは、尾張国海東郡富田庄(現在名古屋市中川区)に創建され、後に三河国額田郡土呂に移されました。当時、三河国二股城主だった大久保七郎右衛門忠世の長子、忠隣の妻、妙賢院が日頃から当寺の住職信賢に帰依していたため、忠世が小田原城主となった後、文禄2年(1593)に当地に移し、妙賢院を中興開基としています。このため、正恩寺は「尾三相州転遷の道場」と呼ばれています。

この門は、木造・入母屋造瓦葺の楼門で、上層には、寛延3年(1750)に鋳造された梵鐘(直径2尺3寸、高さ3.5尺)がありましたが、昭和18年に供出されたままとなっています。

この鐘楼門は、正面に掲げられた「法性山」という山号を記した扁額の裏に、「寛政五年丑九月二十一日、大工牧岡藤左衛門・西田平七・松野作右衛門」と記されていることから、寛政5年(1793)に、3人の小田原の大工によって建てられたことがわかります。

建物は、7.6寸角・高さ15尺(4.5m)の欅材の通柱4本で造られ、柱はそれぞれ、上層に行くに従い内側に傾き、全体に貫とほぞにより組み立てれらています。

屋根と下層正面の開扉は後年の改修が見られますが、全体は当初の姿がよく残り、鐘楼門としては、関東地方南部で稀少なものです。

>> 大きい地図を表示

 からの 

最終更新日:2011年07月06日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

文化部:文化財課

電話番号:0465-33-1717


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.