小田原市

建造物・二宮尊徳生家

二宮尊徳生家

   県指定 昭和38年3月5日

所有

   小田原市

所在

   栢山2064 尊徳記念館

形状

   木造平屋建 茅葺
   間口7間(12.74m) 奥行4.5間(8.19m) 床面積31.35坪(103.6㎡) 

概説

二宮尊徳が郷里小田原(当時栢山村)で住んでいた家は、誕生の家と再興の家があり、誕生の家は、尊徳が16歳の一家離散の際に売り払われてしまいました。そして、24歳の時に寄食していた伯父万兵衛宅から独立した時、家を再建しました。

 

再建した家は、37歳の時、下野国(栃木県)桜町の復興にあたって、移住のために売却しました。この家は粗末な小家屋であったらしく、売却後どうなったか明らかではありません。

二宮尊徳生家

誕生の家は幸いに残り、柳新田の渡辺善太郎氏の住宅となっていたものを、尊徳記念館建設期成会が、昭和35年9月20日、尊徳の誕生した場所に復原し、市に寄贈されました。

 

尊徳は、天明7年(1787)7月23日この家で誕生しています。この家の建築年月は明らかではありませんが、おそらく祖父銀右衛門が兄の万兵衛から分家して、その南側(尊徳誕生の地)に一家を創建立した時、造ったものと思われます。祖父の分家は、寛保2年(1742)と推定されるので、約二百数十年を経過した家です。転売、移築を重ねながら農家の住宅として使用されてきましたが、現在でも主な木材は手入れを要しない程堅固です。

 

尊徳の父利右衛門が祖父銀右衛門から家督を譲られた安永6年(1777)の二宮家の所有田畑は、2町3反6畝(約23,400m2)もありました。このことを考えてみると、当時の二宮家は、この地方の中流の農家であって、この家屋は、足柄平野の中流農家の住宅の典型といえます。

>> 大きい地図を表示

 からの 

最終更新日:2011年07月05日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

文化部:文化財課

電話番号:0465-33-1717


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.