建造物・二宮尊徳生家 1棟 (にのみやそんとくせいか)

県指定 昭和38年3月5日
指定名称 二宮尊徳生家 茅葺寄棟造(旧二宮家住宅)
所在 小田原市尊徳記念館
形状等 木造平屋建
寄棟造
茅葺
間口 7間(12.74m)
奥行 4.5間(8.19m)
床面積 31.35坪(103.6m)
二宮尊徳生家

二宮尊徳生家


概説

二宮尊徳は、天明7年(1787)7月23日旧栢山村にあったこの家で誕生しました。
建築年は明らかではありませんが、祖父銀右衛門が兄の万兵衛から分家した時、現在地に建てたと考えられています。
尊徳が16歳の時一家離散となり土地と建物は売却されました。
建物は西栢山に移築された後、市内柳新田の渡辺善太郎家住宅となっていましたが、昭和35年(1960)9月20日に尊徳記念館建設期成会が尊徳生誕の場所に復元し、市に寄贈されました。

この建物は移築を繰り返し、改造を受けてきましたが、梁組(はりくみ)に建築時の材料がほぼ残され、全体の規模や柱の配置が分かったため、復元的に整備されています。

建物の平面は、土間のほか、炉のある広間 、床(とこ)も設けられた「でい」とも呼ばれる座敷、床(ゆか)が竹簀子(たけすのこ)の納戸で構成されます。
これら平面や構造などの様式上からも18世紀中頃のものと考えられており、二宮尊徳の生家という歴史的意義ばかりでなく、県内における江戸時代中期の中流農家住宅の典型的な例として意義深い建物です。
二宮尊徳生家平面図

二宮尊徳生家平面図

 原図提供:神奈川県教育委員会(一部改変)
 ※無断転載を禁じます。
二宮尊徳生家内部

二宮尊徳生家内部


アクセス

鉄道 小田急線「富水駅」または「栢山駅」下車、徒歩約15分
バス 栢山駅からコロナワールド方面行きバスで尊徳記念館前下車

施設情報

郵便番号 250-0852
住所 神奈川県小田原市栢山2065-1小田原市尊徳記念館敷地内
TEL 0465-36-2381
FAX 0465-37-7367
休み 12月28日〜31日、1月1日〜3日
開館時間 午前9時00分~午後5時00分
メールアドレス sontoku@city.odawara.kanagawa.jp

アクセスマップ

>> 大きい地図を表示
 からの 

最終更新日:2022年09月02日



この情報に関するお問い合わせ先

文化部:文化財課

電話番号:0465-33-1717


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.