小田原市

建造物・勝福寺の仁王門

勝福寺の仁王門

市指定 昭和63年11月1日

所有

飯泉1161 勝福寺

所在

飯泉1161 勝福寺

形状

桁行 32.5尺(9.85m)

梁間 20.0尺(6.06m)

この間は、三間一戸の八脚門で、屋根は切妻造、銅板葺です。

概説

飯泉山勝福寺は、真言宗東寺派に属し、通称飯泉観音と呼ばれ、板東三十三観音の第五番札所として有名です。本堂や本尊の十一面観音は、県の重要文化財に指定されるなど、由緒ある寺院です。

仁王門は、「飯泉誌」によると宝暦8年(1758)に造営されたもので、全体に木割が太く、二重虹梁蟇股式(にじゅうこうりょうかえるまたしき)の妻架講(つまかこう)が堂々とした外観を構成しています。また、八脚門としては県下でも最大級で、格調の高い門です。

この仁王門も老朽化のため、昭和34年から38年にかけて解体修理され、屋根も茅葺きから銅板葺に改変されましたが、それ以外は貫等に新材で補修した箇所があるものの、原形をよく留めています。

>> 大きい地図を表示

 からの 

最終更新日:2011年07月05日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

文化部:文化財課

電話番号:0465-33-1717


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.