彫刻・勝福寺の十一面観音立像 1躯
(しょうふくじのじゅういちめんかんのんりゅうぞう)

県指定 昭和32年2月19日
指定名称 木造 十一面観音立像
所在 飯泉1161 勝福寺
形状等 木造 一木造 彫眼
像高 101.0㎝

概説

頭部には頂上面など十一面の化仏(けぶつ)をつけ、右手は垂下(すいか)し与願(よがん)印を結び、左手には水瓶(すいびょう)を持っています。
頂上面を含め、頭体を一材で造り、内刳(うちぐり)は施さず、左上の肘から先を別材で矧(は)いでいます。
髭、眉などを墨で、唇を朱で彩色しています。
なお、頂上仏頭、天衣(てんね)垂下部、両足先、左手下腕より先、水瓶は後補(こうほ・後世の補修)です。

穏やかな面相と丸みのある体部や絞られた胴部など平安時代後期の様式を踏襲しつつも、体に比べて大きな頭部や、十一面の化仏、条帛(じょうはく)、裙(くん)、天衣などに見られる彫技が素朴であることから、平安時代末期の12世紀後半に地方で造立されたものと考えられます。

本像は、一部に鑿痕(さくこん)を残す彫技や髭、眉などを墨書する点など平安時代に関東地方で流行した鉈彫(なたぼり)像に通ずる部分が多く、関東彫刻史を考える上でも貴重な作品です。
勝福寺の十一面観音立像

勝福寺の十一面観音立像

 明治25年3月18日開帳時撮影
 (勝福寺作成「飯泉観音の歴史」掲載写真)
 ※無断転載を禁じます。

最終更新日:2022年09月27日



この情報に関するお問い合わせ先

文化部:文化財課

電話番号:0465-33-1717


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.