小田原市

絵画・絹本著色 両界曼荼羅図

指定種別

市指定有形文化財 絵画

指定年月日

平成29年3月27日

所在地

小田原市国府津2038 寳金剛寺

所有者

小田原市国府津2038 宗教法人 寳金剛寺

数量

2幅

内容

絹本著色
  縦(cm) 横(cm)
金剛界曼荼羅 199.0 134.0
胎蔵界曼荼羅(大悲胎蔵曼荼羅) 199.5 134.1
粗い絹布を用い、表層には法輪を描いた描表装を施しています。
主尊の大日如来は比較的精緻な線で描く一方、他の諸尊や法具はおおらかな筆致となっています。また各会に描かれる細かい模様は省略されています。
朱と墨を主体とし、緑青、白そして金泥などわずかな色彩に抑え、界線に截金を用いています。
室町時代初期の作例とみられ、宝生寺(横浜市南区)にある「両界曼荼羅図」と並び県内では最古例に属する両界曼荼羅図です。
金剛界曼荼羅の軸裏に「唐筆金剛界大曼荼羅 天保十五甲辰年十月 国府津山現住良弁修補」とあり、天保15年(1844)に修復を施していることがわかりました。
なお宝金剛寺への伝来経緯については記録・伝承がありません。

指定理由

小田原市内における中世に遡る曼荼羅図では唯一のものであり、県内においても最古列に属するものです。また通例の曼荼羅が極彩色できらびやかであるのに対し、朱を主体として墨、金泥などを加えるのみの淡雅なもので、荒い絹地と相まって、類例のない表現となっています。

参考文献

  1. 「國府津山 寳金剛寺」
  2. 「小田原市史 通史編 原始古代中世」
  3. 「おだわらー歴史と文化ー10号」『<調査報告>国府津山寳金剛寺の中近世絵画』

最終更新日:2017年11月14日


この情報に関するお問い合わせ先

文化部:文化財課

電話番号:0465-33-1717


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.