小田原市

絵画・千手観音二十八部衆像

絹本着色 千手観音二十八部衆像 (市指定 平成21年3月30日)
所有 栄町4−3−3 本源寺
所在 栄町4−3−3 本源寺
形状 絹本着色 軸装 縦130.0cm 横68.6cm 室町時代前半(15世紀頃)

概説

十一面四十二臂を持ち、眷属に二十八部衆のほか風神雷神を配すという、千手観音としては典型的な図像をとります。

小田原市域における中世期に遡る仏画としては、報身寺の阿弥陀来迎図(国重文)に次ぐ古例になります。伝統的な仏画描法をよくふまえ、優秀な作例と言えます。

伝来も小田原の歴史に深く関わり、箱書きからは、小田原藩主大久保忠隣の所持したもので、元禄9年(1696)に石川憲之が当寺へ寄進したことが知られています。

本源寺自体が美濃加納に大久保氏によって建立された寺で、小田原に移って以降も大久保氏内庵の一つでありました。近世大久保氏の信仰を知る上でも、貴重な作例といえます。

最終更新日:2013年05月31日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

文化部:文化財課

電話番号:0465-33-1717


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.