小田原市

小田原ゆかりの優れた建造物

静山荘 (南町3丁目)

   平成6年認定

 静山荘は、明治25年(1892年)に建築された民家を長年財界で活躍した望月軍四郎が、昭和14年(1939年)に上府中村から現在地に移築した建物です。
 この建物は、日本農家を別荘にした珍しい建物で、書院造りの座敷と民家風の広間が良く調和しており、材料的にも技術的にも高い価値があります。茅葺きは、近年、日本瓦に葺き替えられましたが、屋根の形が茅葺きの原型を偲ばせ、落ち着きと優雅さを見せています。欅材の大梁、柱、神棚は大きく、太く、がっしりとしていて重量感があリ、手入れが非常に行き届き、欄間は概ね建築時の組子欄間で細工が見事です。
 庭は、小田原では珍しい苔庭で、広く味わいの深いものになっています。手入れの行き届い た老樹、石灯篭、八重の石塔は落ち着いた雰囲気を醸し、重厚な建物の奥行きを引き立てており、外の世界を遮断した一つの独立した空間を醸し出しています。

望月 軍四郎(実業家) 1879〜1940年

 明治12年(1879年)静岡県に生まれる。明治26年(1893年)に上京し、明治43年(1910年)には望月証券株式会社を開設した。
 大正7年(1918年)に業界を代表してアメリカに派遣され、ニューヨークの株式市場を実状調査して帰国した。教育界にも関心を示し、大正8年(1919年)成城学園に中国人留学生の寄宿舎建設費を寄付したのを始め、大学や学術研究機関に多額の寄付を継続した。大正13年(1924年)には、田口銀行頭取に就任し、以後、帝国商業銀行専務、日清生命保険社長を歴任した。
 昭和5年(1930年)には、京浜・湘南鉄道の取締役会長となり、京浜電鉄と連帯運輸を開始し、昭和8年(1933年)には、京浜線の品川駅乗り入れを実現し、品川・浦賀間を直通とする京浜急行の基礎を築いた。昭和15年(1940年)死去。享年61歳

諸戸邸(国府津5丁目)

   平成6年認定

 諸戸邸は、森林王の諸戸清六の次男であり、諸戸家の当主であった精太が、清六の植えた木を材料にして大正6年(1917年)に建築した別荘です。
 この建物は、大正期の別荘建築を代表する壮快な感じの建物で、諸戸家専属の大工が建てたため、柱間(畳)寸法が関東地区とは異なる中京間の別荘です。細やかな配慮と丁寧な造りが特徴で、材料的にも良く選ばれた面皮柱、磨丸太などの杉の良材が使用されています。特に同じ太さで伸直性の高い丸太長押は素晴らしく、網代編と紙張りの市松模様の障子や腰壁網代張りなどに意匠上での特色が見られます。
 庭は、南側のみかん園と相模湾を借景にした眺めの良い庭で、大きな自然石の踏石が往時の面影を偲ばせます。

諸戸 清六(実業家) 1846〜1906年

 弘化3年に木曽川沿いの三重県木曽崎村加路戸新田の庄屋で、豪農であった諸戸清九郎の長男に生まれ、幼名を民治郎といった。
 父、清九郎は事業に失敗し、巨額の負債を抱えて早死にした。このため民治郎は、清九郎(せいくろう)を逆さに読み、清六(せいろく)とした。家督を継いだ清六は、米相場などにより一代で借金を返済し、その後、大隈重信、大倉喜八郎、松方正義らと知り合ったのが縁となり、大実業家として成長し、田畑の購入等を行い、明治21年(1888年)には日本一の大地主となった。また、大隈重信らの勧めで植林事業も手掛け、人々からは森林王と呼ばれた。明治39年(1906年)死去。享年60歳

岩瀬邸(鴨宮)

   平成6年認定

 岩瀬邸は、安政4年〜5年(1857〜1858年)に建築された建物で、戦後、三越の社長として長年財界で活躍した岩瀬英一郎の生家です。
 この建物は、幕末から明治期の豪農の形態をいまだに残している貴重な茅葺き農家造りで、力強い重量感を持ちながらも、控え目で、上品な静けさを感じる建物です。内部も余計な飾りがなく安政4年の建築時の平面図と比べても、ほぼ建築時に近い形態が残っています。特に、通常は竹を通して通行を禁じている来賓用の玄関が当時を偲ばせ貴重です。
 庭は、樹木、塀等が効率よく並び、外の騒音を遮断しており、松煙塗りの黒板塀と力強い御影石の門柱が民家風の外観の建物と良く調和しています。

岩瀬 英一郎(実業家) 1894〜1963年

 明治27年(1894年)神奈川県下府中村(現在の小田原市)に生まれる。
 大学卒業後、三井銀行に入り、ニューヨーク支店長、東京電燈経理部長・常務、関東配電理事などを経て、三越に入り、昭和18年(1943年)に社長となった。ワンマンと言われる一方では、労使協調路線を確立し、超合理主義で三越の基盤を築いた。
 また、日経連常任理事、日本百貨店協会会長もつとめた。昭和38年(1963年)死去。享年68歳

山月(共寿亭)(板橋)

   平成7年認定

 山月は、明治、大正期の実業家(男爵)大倉喜八郎が、大正9年(1920年)に建築した別荘で、当時は共寿亭と名付けられました。
 この建物は、外観は御殿風に見えますが、内は瀟洒な造りで、関東大震災でもほとんど被害がなかった堅固な別荘建築です。唐破風をのせた建築当時様の桜と欅の寄せ木板張り、大広間は、雀と蝶の透かし彫りの鏡板を交互に使った格天井、また、応接間の天井は、網代と杉柾の市松模様といずれも大変手が込んでいます。喜八郎が利用した2階の居間は、書院造り風で上段の間が付き、眺望が素晴らしく板戸には梅、水仙などの草木の花が彫金細工と岩絵具で描かれた絵で飾られています。婦人の部屋は、数奇屋風で格式張らずに付書院に櫛型窓、杉の面皮柱、大面取りの長押を取り付け優しく、女性らしい造りにまとめられています。
 庭は、重量感のあるがっしりとした門柱、門扉を抜けると、小滝をしつらえた泉や、中国の聖人が配置され、一見不利な地形を利用した豪壮な庭になっています。

大倉 喜八郎(実業家) 1837〜1928

 天保8年(1837年)新潟県に生まれる。慶応元年(1865年)に東京神田に鉄砲店を開業した。明治6年(1873年)には、大倉組商会を設立し、貿易商を始め、戦争の度に軍需物質の輸送・調達によリ巨利を得た。
 また、その財力を利用して様々な事業を展開し、大倉財閥を築き、大倉高等商業学校(現:東京経済大学)の創立や、日本初の私設美術館「大倉集古館」の設立など、文化の面にも大きな足跡を残した。昭和3年(1928年)死去。享年92歳

最終更新日:2011年01月24日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

文化部:文化財課

電話番号:0465-33-1717


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.