マイナンバー(個人番号)カードについて

平成2710月5日から社会保障・税番号制度(通称「マイナンバー制度」)が導入されました。

住民票に記載のあるかたにマイナンバー(個人番号)が指定され、「通知カード」「個人番号カード交付申請書」などが郵送されています。

平成28年1月末からは「マイナンバーカード」の交付が始まっています。

なお、通知カード・マイナンバーカードの発行業務は、市区町村により委任を受けた地方公共団体情報システム機構(総務省の関係団体)により行われます。 

マイナンバーカードとは

個人番号カード(表面)のイメージ
個人番号カード(裏面)
出典:総務省ホームページ
URL:http://www.soumu.go.jp/kojinbango_card/03.html
  • マイナンバーカードの表面には顔写真、基本4情報(氏名・住所・生年月日・性別)及び有効期間が記載され、裏面には個人番号・氏名・生年月日が記載されます。
    また、旧氏(日本国籍のかたのみ)・通称(外国人住民のかたのみ)を記載する手続きを行うと、マイナンバーカードに旧氏・通称が併記されます。
  • マイナンバーカードは公的な身分証明書として利用できるほか、公的個人認証(署名用電子証明書・利用者証明用電子証明書)の機能が標準搭載されます。
  • マイナンバーカードの初回交付手数料は無料です。
  • マイナンバーカードの有効期間は、20歳以上の方は発行日から10回目の誕生日まで、20歳未満の方は発行日から5回目の誕生日までとなっています。なお、外国人住民のかたの有効期限は在留期間満了の日までとなっています。
  • 平成31年1月15日(火)から、「コンビニ交付サービス(マイナンバーカードを利用して、住民票の写し・印鑑登録証明書などの証明書をコンビニなどで取得できるサービス)」を開始しました。ぜひご利用ください。

マイナンバーカードの申請・受け取りについて

マイナンバーカードは希望するかたに交付されます。また、交付申請に期限はありません。(交付を希望しない場合、申請は必要ありません。)
マイナンバーカードの受け取りを希望されるかたは、通知カードとともに送付される「マイナンバーカード交付申請書」により申請すると取得できます。
申請・受け取り方法については下記のとおりです。
※ 市役所戸籍住民課窓口で顔写真を無料で撮影し申請をお手伝いする「申請サポート」や、市職員が地域に出向いて申請サポートを行う「出張申請サポート」を実施しています。お気軽にご利用ください。

申請時の注意事項

  • マイナンバーカードは、申請した即日での交付はできません。
    申請が受け付けられてから交付までに1ヶ月~1か月半前後要します。
    ご理解をお願いします。
  • マイナンバーカードの交付申請後、氏名変更や市内転居などを行うと古い情報の個人番号カードが発行されます。その場合は、原則としてマイナンバーカードの追記欄に新しい情報を記載した状態でカード交付することとなりますのでご了承ください。

マイナンバーカードに格納される電子証明書について

マイナンバーカードには、「署名用電子証明書」と「利用者証明用電子証明書」の2つの電子証明書が標準的に格納されます。いずれも、有効期限は発行日から5回目の誕生日までです。
ただし、在留期間に定めのある外国人住民のかたについては、有効期限は在留期間満了日となっています。
  • 署名用電子証明書…e-Taxによる確定申告利用時など、電子文書を送信する際に使用します。
    (15歳未満のかた、成年被後見人のかたについては原則として発行されません。)
    利用者の氏名、住所、生年月日、性別が記載されているため、引越しや婚姻等により失効します。
  • 利用者証明用電子証明書…コンビニ交付サービスやかんたん窓口サービス、マイナポータルの利用時等、本人であることを証明する際に使用します。
※ マイナンバーカードの申請時に「署名用電子証明書」・「利用者証明用電子証明書 」を不要とした場合は格納されません。

電子証明書の更新・発行・再発行について

電子証明書更新業務の一時停止について

令和元年11月11日、国(地方公共団体情報システム機構)の電子証明書システムに不具合が発生し、本市においても電子証明書の発行・更新手続きができない状況となっているため、業務を一時停止させていただいております。

詳しくはこちらをご覧ください。(地方公共団体情報システム機構ホームページ)

ご迷惑をおかけして申し訳ございません。
国の電子証明書システムが復旧次第、お知らせします。
「署名用電子証明書」と「利用者証明用電子証明書」の更新は、有効期限の3か月前から受け付けています。
有効期限以降も引き続き電子証明書をご利用になる場合は、マイナンバーカードを持参し市役所戸籍住民課にて更新の手続きを行ってください。
また、以下の場合にもマイナンバーカードを持参し、手続きを行ってください。
  • 署名用電子証明書は、住所や氏名の変更、旧氏・通称の記載手続きにより自動的に失効します。
    署名用電子証明書を引き続きご利用になる場合は、署名用電子証明書の再発行手続きが必要です。(利用者証明用電子証明書は失効しないため、有効期限までご利用いただけます。)
  • 在留期間に定めのある外国人住民のかたが在留期間更新の手続きを行った場合、マイナンバーカードの有効期限も新たな在留期間満了日まで更新することができます。ただし、「署名用電子証明書」と「利用者証明用電子証明書」は自動的に失効します。
    電子証明書を引き続きご利用になる場合は、電子証明書の更新手続きが必要です。
  • マイナンバーカード申請時に電子証明書を不要とし、あとから電子証明書の発行を希望される場合には、電子証明書の発行手続きが必要です。
  • 電子証明書の更新・再発行手続きの際には、ご自分で設定済の暗証番号を入力していただきます。署名用電子証明書を発行する場合には、暗証番号を新しく決めていただきます。
  • 電子証明書の更新・発行・再発行手数料は無料です。(マイナンバーカードの紛失等による再発行の場合、手数料は200円です。)
  • 本人以外の任意代理人による更新・発行・再発行手続きは、文書での照会回答方式となり即日での手続きができません。詳しくは、市役所戸籍住民課までお問合せください。

マイナンバーカードの暗証番号について

引越や婚姻等による氏名変更に伴うマイナンバーカードの券面事項の更新について

マイナンバーカード紛失等の場合

平成28年1月以降「住民基本台帳カード」から「マイナンバーカード」に代わりました。

平成28年1月からのマイナンバーカードの交付開始に伴い、平成27年12月28日をもって住民基本台帳カードの交付は終了しました。
詳しくは下記をご確認ください。

マイナンバーカードに関する手続きの取扱窓口

窓口名称 時間・取扱業務
小田原市役所 戸籍住民課
電話:0465-33-1386
平日午前8時30分~午後5時00分
(火曜日のみ午後7時00分まで)
カードの交付 (平日午前9時00分~午後4時30分)
・暗証番号の変更、再設定の申請
・カードの券面情報の変更の申請
・電子証明書の発行、再発行の申請
・カードの紛失(一時停止)の申出
・カードの一時停止の解除の届出
・カードの申請
川東タウンセンター マロニエ住民窓口 平日午前8時30分~午後5時00分
カードの交付(平日午前9時00分~午後4時30分)
・カードの紛失(一時停止)の申出
・カードの申請
いずみ・こゆるぎ住民窓口 平日午前8時30分~午後5時00分
・カードの紛失(一時停止)の申出
・カードの申請
いずれの窓口も12月29日~1月3日は受付をしていません。
なお、アークロード市民窓口での対応はできませんのでご注意ください。

制度についてのお問い合わせ先

  • マイナンバーコールセンター
    電話:0570-20-0178(全国共通ナビダイヤル)
    平日:午前9時30分~午後5時30分/土・日曜日、祝日:午前9時30分~午後5時30分 ※年末年始を除く
    ※ナビダイヤルは通話料がかかります。
    ※英語・中国語・韓国語・スペイン語・ポルトガル語対応は、電話(0570-20-0291)におかけください。
  • マイナンバー総合フリーダイヤル
    0120-95-0178(無料)
    平日:午前9時30分~午後8時00分/土・日曜日・祝日:午前9時30分~午後5時30分 ※年末年始を除く
  • 小田原市役所戸籍住民課
    電話:0465-33-1386
    平日:午前8時30分~午後5時00分 ※年末年始を除く

最終更新日:2019年11月12日


この情報に関するお問い合わせ先

市民部:戸籍住民課 住民異動係

電話番号:0465-33-1386


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.