小田原市

障害基礎年金

病気やけがなどで一定以上の障がいが残ったときに受給できる年金です。
請求をご希望の人は、まずはご相談ください。

対象

  1. 障害の原因となる病気やけがで初めて医師の診療を受けた日(初診日)に、第1号被保険者、第3号被保険者または任意加入被保険者であった人。
  2. 初診日が国民年金に加入していない60歳以上65歳未満の間で、かつ、初診日の時点で老齢基礎年金の繰上げ請求をしていない人。
  3. 初診日が国民年金に加入していない20歳未満の時の人。
  • 初診日に第2号被保険者であった人は、障害厚生(共済)年金の対象となります。

要件

保険料の納付

上記1.と2.の人は、初診日より前に、決められた保険料を納付(または免除)している必要があります。

  • 原則
    初診日の属する月の前々月までに被保険者期間があるときは、その被保険者期間のうち保険料納付済期間と保険料免除期間を合算した期間が3分の2以上あること。
  • 特例
    初診日が平成38年3月31日までにある場合は、特例として初診日の属する月の前々月までの直近の1年間に保険料の未納が無いこと。

症状

障害の程度が政令で定められた基準以上でなければいけません。

都道府県が発行する障害者手帳の障害等級と一致するとは限りませんので、障害者手帳を持っていても、障害基礎年金が支給されるとは限りません。

所得

上記3.の人は、ご本人の所得が一定額以上の場合受給を制限されます。

  • 半額支給停止となる所得額
    360万4千円+扶養親族の数×38万円(※)
  • 全額支給停止となる所得額
    462万1千円+扶養親族の数×38万円(※)
  • 対象となる扶養親族が老人控除対象配偶者または老人扶養親族であるときは、1人につき48万円となります。特定扶養親族等であるときは1人につき63万円となります。

受給額

障害の程度によって異なります。(平成28年4月分からの額)
  • 1級:年額975,125円
  • 2級:年額780,100円
なお、受給権者によって生計を維持されている子(18歳になった日以降に最初に到来する3月31日までの間にある子か、20歳未満で障害の程度が1級か2級の障害の状態にある子)がいるときは、次の加算があります。
  • 第1子・第2子:各224,500円(年額)
  • 第3子以降:各74,800円(年額)

請求・相談先

市役所または年金事務所が窓口となります。タウンセンター、支所・連絡所ではお取扱いできません。
市役所での相談は原則予約制となりますので、お電話にて相談日時のご予約をお願いいたします。
保険課 国民年金係(電話:0465-33-1867)
  • 初診日に第2号被保険者であった人は、障害厚生(共済)年金の対象です。年金事務所(加入していた共済組合)にご相談ください。
  • 初診日に第3号被保険者であった人は、相談・請求の窓口が年金事務所になります。年金事務所にご相談ください。

最終更新日:2016年09月26日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

福祉健康部:保険課 国民年金係

電話番号:0465-33-1867


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.