小田原市

身体障害者手帳について

身体障害者手帳は、身体に障がいがあることを証明するものとして、身体障害者福祉法に基づき都道府県が交付するもので、障がい者に対する各種制度を利用する際に必要となります。

身体障害者手帳の区分と等級

  • 視覚障がい(1〜6級)
  • 聴覚障がい(2・3・4・6級)
  • 平衡機能障がい(3、5級)
  • 音声、言語そしゃく機能障がい(3・4級)
  • 肢体不自由(1〜6級)
  • 内部障がい(1〜4級)
    (心臓、じん臓、呼吸器、膀胱、直腸、小腸、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫、肝臓の機能障がい)

申請方法

身体障害者手帳の交付を希望される方は、次の書類を添えて障がい福祉課で申請してください。

  1. 身体障害者診断書
    所定の様式がありますので、事前に障がい福祉課へ取りにお越しください。
    診断書を記載することのできる医師は、都道府県から指定を受けている医師(指定医師)に限られます。指定医師の情報については、障がい福祉課へお問い合わせください。
  2. 写真(縦4cm×横3cm、上半身、無帽)
    変色・不鮮明なもの、本人以外の方が写りこんでいるものは不可。
    申請時から過去1年間以内に撮影されたものであること。
  3. 印鑑
    スタンプ印は不可
    代理人が申請する場合は、代理人の印鑑
  4. ご本人の住所・氏名・生年月日が確認できる健康保険証・運転免許証等

身体障害者手帳交付までの期間

申請から手帳の交付までには、約1か月程度の期間を要します。
提出された身体障害者手帳交付申請書と添付書類は、障がい福祉課から県の専門機関へ送付します。県の専門機関では、身体障害者手帳の交付の可否、障がいの等級などの審査・認定を行います。
障がいが認定された場合には、県から身体障害者手帳が市障がい福祉課へ送付されますので、手帳交付説明会にて申請者へ交付された身体障害者手帳をお渡しします。

手帳を取得した後の住所変更等について

身体障害者手帳の交付を受けた後、手帳に記載されている事項(住所・氏名・保護者名など)に変更が生じた場合は、身体障害者手帳及び印鑑(スタンプ印は不可)をお持ちになり、障がい福祉課で記載事項の変更届を行ってください。
また、特別障害者手当などの諸手当を受給されている方は、手当の振込口座の確認が必要になる場合がありますので、詳しくは障がい福祉課へお問い合わせください。

最終更新日:2015年05月29日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

福祉健康部:障がい福祉課

電話番号:0465-33-1467
FAX番号:0465-33-1317


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.