小田原市

小田原市介護予防把握事業について

介護予防・日常生活支援総合事業を推進し、これからの一般介護予防事業等の展開へつなげていくために、要支援・要介護認定者を除く70歳から74歳までの方を対象に、「一人ひとりの生活実態」を調査し、調査結果から現状の「市全体における高齢者の生活実態」及び「日常生活圏域別の高齢者の生活実態」の把握及び課題、地域特性の抽出を行いう「介護予防に関するアンケート調査」を実施いたしました。なお、回答していただいた方には、アンケート結果をもとに個人アドバイス票を作成し、介護予防のためのアドバイスをしました。

調査概要

調査期間 平成29年5月10日から5月26日まで
対象者 市内在住で平成29年度中に70歳から74歳(要支援・要介護認定者を除く)になる高齢者12,786人  
調査方法 対象者に記名式調査票を配付し、返信用封筒にて回収
回収結果 10,368人(81.1%)

調査結果

調査結果報告書  PDF形式 :3.5MB

PDFファイルをご覧になるには、Adobe® Reader®が必要です。


介護予防に関する検討会の開催

検討会の風景

検討会の風景

開催日 平成29年12月14日(木)18時30分から20時30分 
小田原市保健センター 2階 がん対策室
目的 介護予防把握事業の個別調査から見えた70歳から74歳の高齢者の状態について共有し、今後の介護予防の取組について検討することで、方向性の明確化を図る。
内容 1)平成29年度介護予防把握事業の結果について。
2)小田原市の介護予防・日常生活支援総合事業の現状について。
3)介護予防の取組の方向性について。
出席者 一般社団法人小田原医師会・一般社団法人小田原歯科医師会・公益財団法人小田原薬剤師会・県西地区リハビリテーション連絡協議会の各団体の代表者・地域包括支援センターの代表者
行政(健康づくり課職員、高齢介護課職員)


検討会終了後の集合写真

検討会終了後皆さんとの集合写真

高齢介護課職員がファシリテーターとなり、グループワークを行いました。常日頃から高齢者の健康や生活に関わっている専門職の立場から、介護予防を推進するためのアイデアをできるだけ沢山出し合いました。その後、高齢介護課において取りまとめた結果、「通いの場の創出」、「普及啓発」、「担い手育成」など、今後の介護予防の力点が見えてきました。


最終更新日:2018年01月17日


この情報に関するお問い合わせ先

福祉健康部:高齢介護課 介護予防推進係

電話番号:0465-33-1826


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.