小田原市

風致地区

風致地区とは

都市内の良好な自然的景観を維持するため、都市計画に定める地域地区の一つです。

本市は、史跡小田原城址を中心として緑に恵まれ、海岸は相模湾に面する風景に富んだ砂浜であり、西部の国道135号に接する部分は断崖をなしているものの樹木に覆われていて、国道からの見晴らしは極めて良いところにあり、一部は海水浴場にも利用されています。

こうした風致を保存のため、昭和14年8月に小田原城址、城山及び御幸の浜の3地区を指定し、昭和31年1月に国府津から江之浦に至る小田原の海岸全部を追加指定しました。

平成11年4月の神奈川県の風致地区条例の改正に併せ、区域を変更し現在に至っています。

小田原市風致地区条例を施行しました

本市では、平成12年4月から、地方自治法に基づき県から風致地区内の許可事務等の権限移譲を受け、神奈川県の風致地区条例に基づく風致地区内の許可を行っていますが、「地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律」の施行に伴い、平成23年11月に「風致地区内における建築等の規制に係る条例の制定に関する基準を定める政令」が改正され、平成26年2月26日に小田原市風致地区条例を制定し、平成26年7月1日に施行しました。

小田原市風致地区条例  PDF形式 :205.7KB


小田原市風致地区条例に基づく申請

風致地区内で次の行為をするときは、市長の許可を受ける必要があります。

  1. 建築物の新築、増築、改築又は移転
  2. 工作物の新築、増築、改築又は移転
  3. 建築物等の色彩の変更
  4. 宅地の造成等
  5. 水面の埋立て又は干拓
  6. 木竹の伐採
  7. 土石の類の採取
  8. 屋外における物件の堆積

風致地区内における行為の許可申請は、許可申請書に、申請に関係する計画書及び付近見取り図等の図書を添えて、正副2部を都市計画課に提出していただきますが、建ぺい率や建築物の高さ、壁面後退距離等の基準が定められておりますので、事前に都市計画課までご相談ください。

なお、平成26年7月1日の規則の施行に伴い、新様式での提出となるため、以下のものをご使用ください。


風致地区区域図  PDF形式 :142.1KB


申請手続きの流れ  PDF形式 :14.5KB


許可申請書  PDF形式 :79.2KB


建築物計画書  PDF形式 :116.2KB


建築物等の色彩の変更計画書  PDF形式 :76.6KB


水面埋立(干拓)計画書  PDF形式 :62.7KB


土石類採取計画書  PDF形式 :67.6KB


工作物計画書  PDF形式 :74.3KB


宅地の造成等計画書  PDF形式 :74.6KB


木竹伐採計画書  PDF形式 :70.8KB


許可申請書  ワード形式 :44KB


建築物計画書  ワード形式 :56KB


建築物等の色彩の変更計画書  ワード形式 :46KB


水面埋立(干拓)計画書  ワード形式 :37KB


土石類採取計画書  ワード形式 :37KB


工作物計画書  ワード形式 :44KB


宅地の造成等計画書  ワード形式 :44KB


木竹伐採計画書  ワード形式 :40KB


屋外における物件の堆積計画書  ワード形式 :40.5KB


風致地区内行為(着手・完了)届  ワード形式 :43KB



最終更新日:2014年07月03日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

都市部:都市計画課 景観係

電話番号:0465-33-1573


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.